熱中症になる高齢者の症状と予防と対策は!意外な危険な場所とは!

熱中症の年間の患者数は年間で40万人ぐらい。

この内病院に搬送されて亡くなる方もおります。

すでに熱中症で昨日7月13日には4名の方がお亡くなりになっています。
すべて高齢の方です。

お一人住まいの高齢者の方はこの時期は注意が必要です。

また一緒にお住まいの方や、身近にご高齢の方がいらっしゃる方は
こんな症状が出ていたら注意して下さい。

熱中症にかかる高齢者の方の症状や予防や対策
以外と知られていない熱中症の発生場所を調べてみました。

意外なところで熱中症になっているんですね。

スポンサーリンク

 

熱中症になる高齢者のこんな症状は危険です。


熱中症は梅雨が開けた夏に注意と皆さんが想っています。

患者数を見れば確かに夏がとても多いのですが、
梅雨前の6月で熱中症にはかかります。

近年は早い時期の熱中症が増加し、
病院などに救急搬送される患者さんが増える傾向です。

プリント

今年の5月もそうでしたが、体が暑さになれない時期に温度が上がると
体温調節が上手にコントロールできない
小さな子どもや年配の高齢者が熱中症にかかりやすくなります。

高齢者の方が下記のこんな症状がでたら
熱中症に患っているかも知れませんので、
医師による早めの治療が必要です。

●熱中症の症状

・まっすぐに歩くことができない
・手足がしびれたり、こむら返りやけいれんがおこる
・体がだるく、めまいや立ちくらみがする
・頭痛や吐き気がする
・爪をギュッと白くなるまで押して、ピンク色に戻るまで3秒以上かかる
・皮膚に張りがなく、手の甲の皮を引張って元に戻るまで3秒以上かかる
・体温が37度以上ある。

熱中症は暑さにさらされておこる体の不調で、
その原因は暑さによって汗をかき、体から水分・塩分が失われて
体の体温調節機能が無くなる症状からおこります。

身近にいらっしゃる高齢者の方が出たら
医療機関での早めに治療を行って下さい。

スポンサーリンク

 

熱中症の高齢者の対策は水だけではダメ


熱中症対策としてすぐに思い浮かべるのが水分補給です。

外にお出かけする時も、ペットボトルのお茶や水を持ち歩くと思います。
これは脱水症状から熱中症になるのを防ぐためですね。

この読んで誤解を得る「脱水症状」という言葉

確かに体から水分が無くなっておこるのが熱中症なのですが、
なくなるのは水分だけでなく、塩分のナトリウムはじめ
カルシウム、カリウム、マグネシウムなどの電解質のミネラルです。

体から流れる汗を舐めてみれば分かりますが塩っぱいですね。
この体から流れ消失する水分や塩分を補充するために、
塩分も含んだ水分補給をしなければなりません!

体から塩分が少なくなると体の調整機能として、
体内の塩分濃度を一定に保つために尿量が増えて、
結果体から水分が失われます。

特に高齢者は血管の老化も進んでいますから
熱中症からくる脱水症状で血管事故の発症リスクも増えます。

熱中症からの様々な病気を防ぐためにも
塩分摂取も含めて水分補給を行う必要があります。

この汗で失った水分を補給するのに「経口補水液」があります。
ミネラル分の電解質を含んだ水です。

ドラッグストアなどで気軽に購入できますし、
自分で経口補水液を簡単に作れたりもします。
またスポーツ飲料などで代用もできます。

 

熱中症になる高齢者の意外な場所は!


熱中症というと炎天下の外でスポーツをし、
強い日差しを浴びてダウン。
こんなイメージを皆さんがお持ちだと思います。

実はこれは10%ぐらいで、一番多いのは住宅内です。
しかもほとんどの方が高齢の方ですね。

昨今の節電対策で自宅内でエアコンがあっても使用しない。
また設定の温度を高目に設定したりして室温が高くなり
熱中症で救急搬送されるケースが増えています。

お年寄り自体が体感温度を感じなくなっていることもありますが、
節電でエアコンを作動させないこともあります。

また気密性の高いマンションや集合住宅では、
全体に風通しが悪く熱が逃げない作りになっているので
夜間になっても室温が下がらない傾向があります。

なので熱帯夜や真夏日が続いた日は、
夜間に大量の汗をかきますので
こんな時や翌日の朝は水分や塩分の補給が大切です。

節電対策は環境問題やエネルギー問題もあって
取り組むべきことですが、
高齢者やお子さんがいる家庭ではエアコンを上手に利用して
脱水症状から体を守っていくことは重要です。

 

まとめ


住宅内での高齢者の熱中症はエアコンを付けていない事が多い。

単に環境問題だけの節電対策だけではなく、
電力料金の高騰や年金の支給額の問題等があります。

その背景として一人住まいの高齢者が増えて、
一人で賄うために生活自体が苦しいこともあります。

身近な対策としては電力がそれほどかからない扇風機や、
適度なエアコンの使用や、水分・塩分のまめな補給が大切です。

この夏、充分に気をつけてを乗り切っていきたいですね。

糖尿病は熱中症になりやすい!

スポンサーリンク


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

梅雨のカビ対策-発生条件と換気やそれ以外の新常識とは!
シャーペンの芯が折れないのは!徹底比較、最強に折れない種類は!
衣替えの季節の虫とダニ対策!被害に合わない保存方法は
マイナンバーカードの申請と発行手続き 料金と受け取りや発送は可能?
ランドセルの女の子の選び方と人気の色は!選ぶ時の注意点
昭和記念公園のコスモスの見頃2017と種類に場所は!入り口や駐車場はどこ!
喪中期間のしめ縄や正月飾りは?初詣は神社とお寺は違う!
ユリの花粉の落とし方!衣服からビックリするほど落ちる意外な物!
青いバラの花言葉を添えた花束で「夢叶う」を実現させる!
ふくろ祭りと東京よさこいの日程とメイン会場がよく見える場所は!
夏バテを予防する梅ジュース! 南高梅と黒砂糖での作り方
noimage
靴の滑り止め加工の対策と自分で出来る応急処置はどんな方法か!
マイナンバー制度はいつからか 開始時期とカード発行の手続きの方法!
静電気対策の原因と防止グッズの選び方!おススメはこれ!

Menu

HOME

TOP