本ページはプロモーションが含まれています。

国民公園 皇居外苑半蔵門園地に行ってきた!写真を紹介&アクセスと見所は

生活全般

2023年の3月15日に国民公園 皇居外苑半蔵門園地が開園されました。

その2か月後の先日実際に行ってきました。

画像で紹介しながらアクセスや見どころをご案内します。

スポンサーリンク

国民公園 皇居外苑半蔵門園地はどこに?

開園された場所は皇居のすぐ外側に位置する千鳥ヶ淵公園のお隣で、イギリス大使館の一部だった所になります。

なので、お隣はイギリス大使館。


国民公園の周辺は国会図書館や国立劇場があり、ちょっと歩くと国会議事堂等の国の行政機関が多数所在するところです。

国民公園 皇居外苑半蔵門園地 · 〒102-0082 東京都千代田区一番町1
★★★★☆ · 国の公園

国民公園 皇居外苑半蔵門園地までのアクセスや開園時間

国民公園 皇居外苑半蔵門園地までのアクセスは地下鉄がメインになります。

車で来る場合は駐車場がありませんので周辺のパーキングを利用するか、近くのホテルの駐車場を利用することになります。

オススメは地下鉄の東京メトロ半蔵門線の半蔵門駅(出入口4から歩いて2~3分ぐらい)。有楽町線の麴町駅(出入口3から歩いて7~8分ぐらい)です。

そして開園時間は9時~17時(10月~2月は16時まで)。

以下にまとめてみます。

【国民公園 皇居外苑半蔵門園地】

■所在地:東京都千代田区一番町1

■入場料:無料

■開園時間:3月~9月➡9時~17時
     10月~2月➡9時~16時

■アクセス:東京メトロ 有楽町線麴町駅  半蔵門線半蔵門駅

■出入口:3か所(東、南、西側)

■トイレ:園内にはありません。皇居側の千鳥ヶ淵公園内に3か所にトイレがあります。

※照明設備が無いので閉園時間が早く、またライトアップは望めません。

国民公園 皇居外苑半蔵門園地の見所は


この国民公園の見所は、桜の開花時期とカエデやケヤキの紅葉やイングリッシュガーデンが見どころです。

カエデやケヤキはすでに大成しているので今年秋には紅葉が楽しめると思いますが、桜はまだ木の高さが3,4メートルの幼木なので見どころとなるには、数年待つ必要があります。

イングリッシュガーデンは開所当初は春の花が楽しめたようですが、今回行ったタイミングでは花の満開時ではなく見どころが終わってました。

これから夏にかけてのイングリッシュガーデンの植替えなどが行われていくと思います。

国民公園 皇居外苑半蔵門園地の所管は環境庁で管理は皇居外苑管理事務所となっています。

スポンサーリンク

国民公園の桜

国民公園内ののサクラは合計7種21本が植栽されています。

東西にクランクになった通路があり、北側の英国大使館側に3種類10本のサクラが植えられ、南側のイングリッシュガーデンコーナーに4種11本のサクラが植栽されています。

英国大使館側の桜

・サトザクラ:6本
・スルガダイニオイ:2本
・ソメイヨシノ:2本

サトザクラは品種が何かは記載されてなかったので、何色のサトザクラかは分かりません。

スルガダイニオイ(駿河台匂)は珍しい品種で、都内の庭園にも植栽されているところは無いのでは。芳香が非常に強い品種なので開花が待ち焦がれます。

ソメイヨシノが2本のみというのは、賢明な判断だと思います。全体におそらく白系の桜が多いのでアクセントになるんと思います。

イングリッシュガーデンの桜

・タイハク(太白):3本
・シダレザクラ:1本
・オカメザクラ:6本
・アーコレイド:1本

イングリッシュガーデン側には2015年英国のウィリアム王子が来日された際に植樹された「太白」が移植されています。

また他、3種類のサクラが植えられています。

そのうちの2種類が英国で交配し作出された桜で、オカメザクラとアーコレイドになります。

イギリスで品種改良された桜

国民公園のイングリッシュガーデン側に植えられた「太白」はもちろんですが、2種類は英国由来のサクラです。

オカメザクラはカンヒザクラとマメザクラを交配したサクラで、花びらに切れ込みのあるやや濃いめのピンクのサクラです。

アーコレイドはオオヤマザクラとコヒガンとの交配です。

色は淡いピンクで2季咲きの品種で都内の庭園では見かけたことはありません。

秋に咲く十月桜よりも花型大きな品種で、母国の英国では春一回のみの開花です。

国民公園のイングリッシュガーデンのバラ

イングリッシュガーデン側には4種類のバラが植えられています。

・アイスバーグ
・ジャスミーナ
・アンジェラ

他の一種類は品種名が分かりませんでした。

残念ながらイングリッシュローズではなく、3種類のバラはつるバラでこれからの成長が楽しみです。

まとめ

2023年に新しくできた国民公園 皇居外苑半蔵門園地の見所は、桜の開花や紅葉が楽しめる公園です。

ただし、桜の開花が楽しめるには早くても3年はかかるかなと思います。

桜の開花はいましばらくの時間を要しますが、国民公園は千鳥ヶ淵がすぐ隣なので公園内から桜が望め、お花見の時期には二つ合わせて楽しめます。

またイングリッシュガーデンは都内の他の庭園と同じぐらいに管理され、植栽されていけば見ごたえある公園になると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメント