神田川の桜と目黒川の桜の違いはどこにある!比較すると・・・・・

東京の桜は毎年3月後半になると、お花見の代表的なソメイヨシノが満開になる。

毎年のように神田川と目黒川の桜の花見に行きます。

人混みの凄さは圧倒的に目黒川の桜を見に来る人が多く、神田川の桜を凌駕している。

なぜ目黒川の桜により多く人が集まるのか、同じ都内を流れる川の桜にどんな違いがあるのかを紹介します。

スポンサーリンク

 

神田川と目黒川の桜の違いは!

 

目黒川の桜で代表的な中目黒駅周辺と、神田川の桜のお花見で一番おすすめのスポット、都電荒川線早稲田駅周辺と比べると。

一番の違いはそれぞれの川周辺の環境が違います。

目黒川のある中目黒駅周辺は都内での有数の人気エリアで、桜のお花見時期になると川の近くには屋台が出現。

川岸の通路も神田川に比べ幅があり、観光客には通りやすくなっています。

そして一番の違いはおしゃれなカフェやショップが川の周辺にあり、桜を見終わったらお買い物や飲食など、いろいろなことが楽しめる場所になっています。

そして神田川を比べると、都電早稲田駅近くの花見所周辺にはおしゃれなスポットは無く、カフェやレストランも見当たらない。

神田川の花見所は新目白通りと明治通りの交差点近くの高戸橋から面影橋そして椿山荘辺りの周辺になる。

飲食店を探すとなると、ちょっと足を運んで早稲田大学周辺から高田馬場、神楽坂まで行けばたくさん有りますが、歩くと10分以上かかってしまう。

花見以外で楽しめる場所が少ないのが神田川ですが、実は近くに他のお花見所があるんです。

 

神田川周辺の楽しみどころは

 

高戸橋から神田川の桜を愛でながら約1km下ると駒塚橋があり、その近くに肥後細川庭園があります。

神田川の桜だけでなく細川庭園の桜や、日本庭園を鑑賞が楽しめます。

またすぐ近くには椿山荘があり、この季節にはホテルを利用すると自由に散策できる広い庭園があります。

桜もソメイヨシノだけでなく寒緋桜やしだれ桜など約20種120本の桜が鑑賞できます。

桜の鑑賞だけでは利用できないのが残念ですが。

 

神田川の桜のアクセスは!

 

神田川の桜を見るのに一番近い駅は都電荒川線の「面影橋駅」と「早稲田駅」が一番近く歩いて1分もかからない。

一つ手前の「学習院下」で降りても歩いて5分ぐらいだ。

都電を利用するならJR山の手線の大塚駅で降りて、すぐ脇の都電の大塚駅から乗り込む方法がベストだ。

東京でただ一つ残された都電を利用して、間近に迫る家屋の脇を通り抜けながら、ゆっくりと都電に乗って神田川の桜の鑑賞も悪くない。

他の交通機関のアクセスは東京メトロの副都心線を利用し、「雑司が谷駅」か「西早稲田駅」から歩いて約10分ぐらいで神田川に着く。

JRを使う場合は山の手線の目白駅か高田馬場駅になります。どちらからでも歩いて20分ぐらいでしょうか。


交通のアクセスを見れば、東京メトロの副都心線と東横線・みなとみらい線の直通運転で、横浜方面と埼玉方面から乗り入れができる中目黒駅の目黒川の桜には便利さではかなわない。

神田川の桜は仕事帰りに夜桜見物しながら、同僚や彼女とお酒を飲みながら舌鼓を打つ場所はかなり歩かなければならない。

その点アクセスの便利さは、埼玉方面や横浜方面から乗り換えなしで桜の花見ができる、目黒川の桜のお花見は利便性には敵わない。

しかし、桜の花見だけなら神田川の桜をおすすめしたい。

スポンサーリンク

 

神田川の桜、写真を撮るには絶景ポイントが沢山ある!

 

神田川の桜を目黒川の桜と比べた場合、交通のアクセスや川周辺の華やかなスポットの少なさなど、ネガティブな面を書き連ねましたが、

神田川の桜は純粋に花見をする場所としては、たくさんの絶景ポイントがあります。

画像はすべて都電荒川線早稲田駅周辺の神田川を2015年と2017年に撮ったものになります。

高戸橋の下の流れ落ちる小さな滝や渓流を思わせる川の流れを見ると、これがあの神田川なのかと思います。

御茶ノ水駅あたりの神田川のイメージとは全く違います。

それと神田川は目黒川の中目黒駅近くの川幅の狭さや浅い川底に比べ、川幅はそれよりも広く川も深く、川底に流れ落ちる桜の花枝は圧巻です。

 

とくに面影橋周辺の桜は枝垂れ桜の趣がある風情を醸し出しています。

そして川の流れに逆らって優雅に泳ぐ鯉の群れは、かつてヘドロで汚れた神田川のイメージを払拭しています。

面影橋から下流の三島橋、仲之橋、豊橋あたりの川底は渓流を模した構造の作りなっているので、雨の降った翌日以外の増水がなければ、せせらぎの流れのような風情を楽しめます。

写真を撮るにしてもイモを洗うような人の群れはいません。ゆっくりと桜の花を楽しむことができます。

2015年の3月29日午前中に目黒川をのぞき、午後から神田川に来ましたが、桜を鑑賞する人がいつもよりかなり少なかったです。

午前の陽が出ていて明るさが消え、雨模様になりそうな気配の午後でしたが、それでも人の入りが少ないのが気になりました。

 

まとめ

 

東京に来て、車で神田川を横切る明治通りから初めて見る神田川の桜の圧巻は驚きでした。

東京にもこんな所があるのだと感心しました。
もちろん神田川以外でも東京には桜の名所は数多くあります。

そんな東京の桜の名所の中でも、川に流れ落ちる桜の優雅で豪快さは、ほかの東京の河川の桜は見当たりません。

近くには洒落たカフェやレストランはありませんが、一度は桜だけの鑑賞を楽しむために、

神田川の桜のお花見をおすすめします。

神田川の桜 開花状況と2019の見頃は!写真スポット見所のおすすめ

スポンサーリンク


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

新宿御苑の花見が子連れに向く7つの理由!桜の種類と開花にも関係がある
東京ミッドタウンの桜の開花状況と見頃 ライトアップと桜の種類は!
小石川後楽園のしだれ桜の開花と見頃!アクセス方法は
浜離宮の桜の開花と撮影スポットは!水上バスに乗って隅田川の花見へ
目黒川の桜の見頃とライトアップ期間2019!撮影スポットおすすめと穴場
新宿御苑の桜の開花状況2019の現在と見頃は!開花時期が長い理由!
新宿御苑の桜は種類が多く見ごろの時期が長い!授乳室やおむつ交換も!
新宿御苑の八重桜の見頃と種類は!黄色と緑の桜「鬱金」「御衣黄」はこんな色!
足立区都市農業公園の桜の見頃!時期に注意&子供連れにオススメの理由
新宿御苑の桜の開花情報2017現在は!見頃が超長いのは理由がある
目黒川のお花見クルーズとライトアップ!2015年開催日と時間はこちらから!
銀座の桜のお花見に穴場の新スポットが登場!見頃とライトアップは
六本木ヒルズの毛利庭園とさくら坂の桜の見頃とライトアップ期間は
六義園と小石川後楽園のしだれ桜2019 現在の開花状況と見頃の予想
目黒川のライトアップ2019の期間と場所に混雑は!お花見の意外な穴場!

Menu

HOME

TOP