ブルーベリーゼリーの作り方 冷凍ブルーベリーとアサイーをブレンド

DSCN1597

ブルーベリーには抗酸化作用のあるアントシアニンが多く含まれ、
今話題になっているアサイーには、さらに数倍のアントシアニンがあります。

この2つでブルーベリー&アサイーゼリーを作ってみました。

ゼラチンで簡単な方法で固まらせています。
健康によく疲れ目の改善をサポートするスパーゼリーです。

日々の健康のためにも作り方は簡単なので試して見てください。

スポンサーリンク

 

 

ブルーベリーゼリーの作り方アサイーをブレンド


当初ブルーベリーの実とジュースで、オールブルーベリーゼリーを作る予定でしたが
ブルーベリージュースが見つからず、同じ抗酸化力のあるアサイーのジュースがあったので、
ブルーベリー&アサイーゼリーを作ってみました。

健康のためにはアサイーはブルーベリーの強力なパートナーになるので
結果的には良かったかなと思っています。

それではチャレンジしてみましょう!

●ブルーベリー&アサイーゼリーを作るには用意するもの

・ブルーベリーの実(セブンイレブンの冷凍ブルーべりー)
・アサイージュース
・ゼラチン

ブルーベリーの実はちょっと季節がずれてしまったので
セブンイレブンの冷凍ブルーベリーの実を使うことにしました。

アサイージュースは果汁97パーセントの「大人のためのアサイー」ストロベリー&カムカム濃厚ミックスを使っています。

●ブルーベリー&アサイーゼリーの作り方

・50ccの水にゼラチンを入れて鍋で80度以上にして暖めます。
・次にアサイージュース300ccをゼラチンの入った鍋に入れてなじませます。
・カップに小分けして入れます。
・解凍したブルーベリーをカップの中に入れます。
・全体にカップが冷めたら冷蔵庫の中に入れて3時間ほど待つと出来上がり。

スポンサーリンク

 

 

ブルーベリー&アサイーゼリーの味は


ブルーベリーはセブンイレブンの冷凍した物を使っていますが、
これが美味しいとツイッターでも評判になったブルーベリーです。

自然な甘みと酸味のバランスがとれて食べやすく、
そのまま食べても美味しく、ヨーグルトに入れても合う味です。

アサイーのジュースも砂糖・保存料・香料・着色料を不使用なので
ともに健康のためには取り入れたい食材の2つのゼリーになりました。

DSCN1611

DSCN1637

アサイーの程よい酸味にブルーベリーの甘さが加わって
酸味が苦手なひとにもうけるゼリーではないかと思います。

砂糖が入っていないからダイエットにもなるゼリーなので、
これからダイエットに励む方やアンチエイジングにはおすすめしたい。

抗酸化作用に優れたアントシアニンやビタミンC・Eが共に多く含まれ、
食物繊維も豊富なので健康維持にはとても役立ちます。

ブルーベリーの実がない時はブルベリーのシロップ漬けを利用する手もあります。

またアサイージュースがなければ、パパイヤ・マンゴー・キウイ以外の
果物ジュースを使ってブルーベリーの実とミックスするか
入れない単独でゼリーにしてみても美味しくなりますよ。

 

 

まとめ


ブルーベリーゼリーはゼラチンを使うことで簡単に固まり
美味しいゼリーが作れます。

ちょっと大人味のゼリーになるかもしれませんが、
アンチエイジングやダイエットなどで利用できるゼリーになります。

大人味のブルーベリーゼリー簡単です。試してみませんか!

スポンサーリンク


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

酢タマネギの作り方で効果と効能を最大限に引き出す方法とは!
歯がしみるのを防ぐ歯磨き粉のおすすめ!磨き方にはコツがある!
肺がんとタバコの関係 非喫煙者でも予防に効果がある抗酸化物質とは
ブロッコリースプラウトをの簡単な栽培方法!村上農園と食べ比べた!
カラーコンタクトの安全と通販の危険性!初めてのカラコンは必見です!
ビルベリーのサプリ10年以上飲んでメリットと止めて3ヶ月後のデメリット
下肢静脈瘤の写真を公開!見た目や痒み重だるさを改善した30分の手術!
すごい納豆S-903を購入 価格と味やタレに違いはあるか?効果は!
二日酔いする理由はなぜか!解消に効果的な飲み物&食べ物とは
糖尿病の予防に効果がある食べ物で血糖値の上昇を抑えて、人気急上昇!って何
冬の乾燥肌対策と、お肌にとって一番重要なミネラルとは
半月板断裂!ヒアルロン酸注射でも効かず膝痛を解消した私の方法は!
高齢者が風呂場での転倒を防ぐには!ヒートショック4つの要注意点は
ダイエットで50代が5キロの減量に成功、血糖値と中性脂肪を下げた方法!
献血の結果が通知で来た!血液検査の血糖値より分かる血糖の見方とは

Menu

HOME

TOP