赤ちゃんの日焼け止めに安全で白浮きしない物はあるの!?

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s

赤ちゃんの日焼け止めには
肌のデリケートな赤ちゃん用の日焼け止めが必要です。

一般の日焼け止めは紫外線吸収剤が入ったものが多く、日焼け止めにはとても効果がありますが赤ちゃんの肌には負担が大きくダメージを与える恐れがあります。

なので赤ちゃんの日焼け止めには紫外線吸収剤が入っていない物が良いのですが、
肌に塗った時に白浮きしやすいといいうデメリットがあります。

赤ちゃんの日焼け止めで安全で白浮きしない物をお探しのママさんは多いですよね
そんな便利なものがあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めに安全なのは紫外線散乱剤!?白浮きも防ぐ

赤ちゃんの日焼け止めには安全性のために紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶ必要があります。ではどんな物で果たして白浮きは防げるのか。

紫外線吸収剤には強力な日焼け止めの効果がある一方、デリケートな肌の赤ちゃんや一般の方でも敏感肌の人にはおすすめできない日焼け止めです。
ですがこの吸収剤には白浮きしないというメリットがあります。

一方でドラッグストアなどで販売されている日焼け止めには、紫外線吸収剤以外に紫外線散乱剤が入ったものがあり、紫外線散乱剤には肌には優しいが塗った時に白浮きしやすいというデメリットがあります。

紫外線散乱剤は紫外線を反射したり散乱させる効果があり、有機化合物で作られていませんので表示としては「ノンケミカル」という表示になり、比較的安全性が高いと言われていますが、成分として白色の無機粉末の散乱剤を使用していますので白浮きしやすいという結果になります。

ですが赤ちゃんやお肌の弱い方にはこの安全性のため紫外線散乱剤の入ったものがおすすめです。でもこの白浮きは気になりますし安全性が高いといえ、できれば白浮きがないほうが良いですよね。だけど安全性を考えると・・・・・・・・悩みますよね。

安全性が高く白浮きしやすい紫外線散乱剤入りの日焼け止めでも、製品によっては白浮きせずに成分も天然成分のみでUVをカットし赤ちゃんの肌への負担を少なくした日焼け止めもあります。「アロマベビーUV&アウトドアミスト」という製品で、また芸能人なども使用されているので雑誌等にも取り上げられていえう日焼け止めです。
またこの製品には試してみて合わない場合は30日間の返金保証があります。

安全性が高いと言われている紫外線散乱剤入りの日焼け止めでも、まれに肌荒れを起こす場合もありますので、30日間の返金保証があれえば実際に試してみるのが良いですね。

【Amazon&楽天 No.1】アロベビー 国産オーガニックUV&虫除けミスト

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めに紫外線吸収剤のデメリット

赤ちゃんの日焼け止めにはオススメできない紫外線吸収剤入りのデメリットをみると、有機化合物で作られ合成成分の紫外線吸収剤は肌への負担は大きく安全性に問題があります。

大人でも敏感肌の人は紫外線吸収剤の入った日焼け止めで、湿疹ができたりかぶれたりしますのでデリケートな肌の赤ちゃんの日焼け止めには紫外線吸収剤の入った日焼け止めは使わないことが安全です。

日焼け止めに使用されている紫外線吸収剤は、塗った後が白浮きがなくベタベタした感じがせずに使用感が良いことです。さらに日焼け止めの効果は高くSPF値も高い日焼け止めには紫外線吸収剤が入っています。

実はこのSPF値が高ければ高いほど肌へのダメージは強くなります。
赤ちゃんには強すぎるSPFは必要ではなく数値としてはSPF15か高くても20ぐらいのレベルが肌への負担は少なくなります。

もちろんSPFの高い日焼け止め吸収剤入りでも、赤ちゃん以外やお肌の弱い方以外の一般の方には問題はなく使える日焼け止めになります。

ではドラッグストアなどで赤ちゃんのための日焼け止めを購入する場合に、専用のコーナーなどがあれば別ですがそうでなければ日焼け止めに書かれている成分表示に注意して下さい。

日焼け止め吸収剤の成分名は以下の名前で書かれたものが明記されていますのでご確認して下さい。

●日焼け止め吸収剤の成分名

・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・オキシベンゾン-3
・オクトクリレン
・パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル
・エチルヘキシルトリアゾン
・フェニルベンズイミダゾールスルホン酸
・メチレンビズベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール
・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
・ジエチルアミノヒドロキシジベンゾイル安息香酸ヘキシル

上位3番目までがドラッグストアや化粧品店などで販売されている日焼け止め製品のの半分以上に配合されています。

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ際には、上記の成分が表示されていない物を選ぶようにしょう。

まとめ

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ際には日焼け止め吸収剤が入っていないものを選びましょう。

またベビー用の日焼け止めにもまれにかぶれたり、赤く発疹する場合もありますので赤ちゃんに軽く塗って反応を見てから継続するか決めることが良いと思います。

実際に試してみることができる、30日間の返金保証ができる製品などもありますので購入する際には検討してみるのも良いと思います。

赤ちゃんの紫外線対策はいつから!肌に及ぼす影響と予防する方法は!

スポンサードリンク


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

冬の乾燥肌 かゆみ対策の知っておきたい7つの注意点と保湿の重要さ!
ビルベリーのサプリ10年以上飲んでメリットと止めて3ヶ月後のデメリット
肺がんとタバコの関係 非喫煙者でも予防に効果がある抗酸化物質とは
アニサキスの食中毒の原因と対策は!渡辺直美も痛すぎて泣くほどの症状
肌荒れが季節の変わり目の春に起きる原因と予防!改善に意外なものが・・・・・
すごい納豆S-903を購入 価格と味やタレに違いはあるか?効果は!
しそ酢のジュースの作り方 簡単に日本一早くできる方法と効能&サイダー割り!
カラーコンタクトの安全と通販の危険性!初めてのカラコンは必見です!
サプリメントの選び方と添加物がどの位入っているか?見る方法とは!
尿路結石の症状や原因 予防と再発に効果がある驚きの水とは!
デング熱を予防する蚊!?昨年674人が死亡したブラジルでの試みとは!
ダイエットで50代が5キロの減量に成功、血糖値と中性脂肪を下げた方法!
高齢者が風呂場での転倒を防ぐには!ヒートショック4つの要注意点は
歯がしみるのを防ぐ歯磨き粉のおすすめ!磨き方にはコツがある!
ジカ熱の症状と妊婦への影響は! 流行地域ブラジルとリオ五輪への渡航は!

Menu

HOME

TOP