紫外線対策で日傘の色と、日光アレルギーに有効なUVカット率100%のヒガサ!

162472

紫外線による肌の老化現象とは

長時間浴びることにより皮膚の奥深くまで届いて細胞を傷つけ、
その結果として皮膚のしわやたるみを引き起こします。

最悪になると皮膚がんなどになる場合もあります。
対策としては紫外線にあたる時間を少なくする必要があります。

また日頃の食生活なども含め全般に生活を改める必要がありますが、
一番身近にできる紫外線対策として、日傘で直接紫外線を避けるようにしましょう。

この比較的簡単な紫外線対策でも、意外と基本的なことが知られていません。
日傘を選ぶ時になにを注意して購入したら良いかまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

紫外線対策に有効な日傘の色は白か黒か!


紫外線対策で日傘の売り場でよく目にする色が白の生地です。

見た目にも涼しく感じられるので、
紫外線を反射する白の日傘は、一般的に日傘売り場の定番になっています。

また黒も紫外線を吸収し、傘の内部に取り込まないので
黒や濃い色の日傘も紫外線対策の日傘として販売されています。

実は問題なのは日傘の内側の色です。
紫外線は空(上空)からだけではなく、地面からも反射して照り返します。

白の日傘の場合、内側も白色だと紫外線は反射し
もろに顔に紫外線がかかります。

一般的な日傘の場合だと内側の色は黒か濃い色でないと
逆に紫外線を浴びることになりますの注意して下さい。

ここで一般的な日傘と断り書きするのは、素材や構造が違う本格的な傘だと、
色に関係なく紫外線を100%カットするものもあるからです。

紫外線に対して極度のアレルギーをもつ日光アレルギーの方などは
100%完全遮光できる紫外線対策の日傘がおすすめです。

 

 

紫外線対策で日傘の遮光率0.01%の違いはとても大きい!


日傘を選ぶ基準に紫外線カット率(UVカット率)99%や
遮光率99%の表示がよくラベルに印刷されています。

紫外線カット率とは名前のとおり紫外線をどのくらい通さないか。
また遮光率とは光をどのくらい遮るのかです。

要するに紫外線や光を数値としてどれ位遮断しているかです。

一見すると99%というと、聞こえとしてはほとんど通さないと思いますよね。
ほぼ完全!・・・・というか、一般の人はこれで安心しますね。

ところがこの0.01%の違いが実は大きな違いがあります。

太陽エネルギーはこの0.01%の差というのは、
あなたが考えてる以上にそのエネルギーは計り知れません。

太陽光よってアレルギーを引き起こす、
日光アレルギーの方にとってその0.01%の違いは大変な違いです。

161096

NIF(日本インテリアファブリックス協会)が定める遮光率があります。
おもにカーテンなどがその数値として使われていますが、下記のような等級になります。

遮光率→99.99%以上 ⇒遮光1級
遮光率→99.80%以上99.99%未満 ⇒遮光2級
遮光率→99.40%以上99.80%未満 ⇒遮光3級
遮光率→99.39%以下 ⇒遮光性なし

JUPA(日本洋傘振興協議会)では遮光3級までは同じで
遮光率→99.00%以上99.40%未満を遮光傘として呼んでいます。

カーテンの場合だとよリ必要に光を遮る必要があるので
遮光率99.39%のカーテンでも遮光性なしという扱いになるんですね。

ほんの僅か遮光率が0.01%であっても太陽の光のエネルギーは
いかに重要なのかはこの基準率でも理解できると思います。

スポンサードリンク

 

 

日傘の遮光率0.01%の違いがとても重要な場合


重度の日光アレルギーの場合に、
ほんの僅かな遮光率0.01%の違いで体に出る症状が違います。

99.99%の遮光率の日傘を使用しても、
ひどい火傷になる日光アレルギーの方でも、100%の遮光率の日傘を使えば
かなりの症状が抑えられる事が可能です。

日光アレルギーではない方が使う日傘であれば
99%の遮光率やUVカット率で大きな問題はないですが、
金額がそれほど変わりないのであれば、それぞれ99.99%以上の日傘、

つまり遮光率やUVカット率が100%の日傘を使ったほうが良いですね。

少しでも紫外線を抑えていくことが出来れば、
長い年月の末に肌に出てくる老化の症状はかなり違います。

一般的な日傘は紫外線などによる劣化で1、2年で遮光率等が下がってきますので
ほぼ毎年新しいものに変えていかないと、紫外線対策にはなりません。

遮光率100%で販売されている日傘は、もちろん半永久的にもつわけではありませんが、
紫外線吸収剤や紫外線反射剤などを使用せずに、生地の構造自体で光を遮断しているので
一般的な日傘よりも持ちは良いですね。

どんな日傘か気になる方は、「サンバリア1000」で検索してみてください。
また楽天でも「芦屋ロサブラン」というショップで販売されています。

 

 

まとめ


日傘による紫外線対策は一番手ごろにできる紫外線対策です。

ただ日傘であれば何でも良いというわけではありません。
つい先日も朝のテレビで紫外線対策として日傘が取り上げられていました。

出演者も意外と基本的な事が理解していませんでした。
高い日傘でも遮光率が99%というのもあります。

実は99%以上の遮光率の日傘が重要です。
10年先のお肌対策を考えたら、完全遮光を目指したほうが良いですね。┣o(・ω・。)

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ドカベン香川の訃報は他人事ではない!中高年のメタボリックを改善する!
花粉症対策の納豆がさらに進化するS-903!発売日は大ブレイク?
ブルーベリーのサプリ10年以上飲んでメリットと止めて3ヶ月後のデメリット
ノロウイルスに家族が感染!予防と治療法が自宅でできることは
水素水に効果と効能はあるの? 飲む量やどんな病気に効くのか!
デング熱を予防する蚊!?昨年674人が死亡したブラジルでの試みとは!
酢タマネギの作り方で効果と効能を最大限に引き出す方法とは!
しもやけの予防に効果があった今年試した3のこと それ以外の予防法!
肌荒れが季節の変わり目の春に起きる原因と予防!改善に意外なものが・・・・・
糖質オフダイエットは若い女性より更年期間近な女性にすすめる理由!!
肺がんとタバコの関係 非喫煙者でも予防に効果がある抗酸化物質とは
乾燥肌でかゆみが出る乾皮症の対策と日常生活で乾燥を防ぐ工夫は!
ジカ熱の症状と妊婦への影響 流行地域ブラジルとリオ五輪への渡航は!
糖尿病の予防に効果がある食べ物で血糖値の上昇を抑えて、人気急上昇!って何
二日酔いする理由はなぜか!解消に効果的な飲み物&食べ物とは

Menu

HOME

TOP