父の日はいつ!2017年に贈る花ギフトのおすすめは、匕○○リ!

5月の母の日が終わってしばらくすると
父の日が訪れます。

家庭内でも日ごとに存在が消えゆくお父さんに
今年は父の日に花を贈ってみませんか!

そもそも父の日がわからない・・・・・
なんて方もおりますよね。それではお知らせします。

スポンサードリンク

 

 

父の日はいつ!2017年


父の日は毎年6月の第3日曜日です。
けっこう知らない方が多いですね。

2016年の今年の父の日は6月18日の日曜日です。
たまに第2日曜日と勘違いされる方がいらっしゃいますが違います。

6月18日が父の日です!

意外と父親の本人が知らないことが多いんですよね。
それほどまだ母の日に比べて浸透していないかと思いますが、
父親自体に感謝するということがあまり無いからなのかと思います。

でもそんなお父さんにもプレゼントを考えているお子さんも多いと思います。
そのプレゼントもいろいろですが、このサイトでは普段もらい慣れていない、
お花のギフトを提案します。

d5aaabb031ac23763ab1c667204cc51b_s

 

父の日に花のギフトでオススメなのは


父の日オススメの花はズバリ、「ヒマワリ」です。
黄色の燦々と輝き大地に降りそそぐあのヒマワリですよ。

お父さんのイメージに合わない・・・・そう思う方もいるでしょう。
でもヒマワリは父の日におすすめです。

その理由としてはおそらく、ほとんどの世のお父さんはヒマワリをご存知だと思う
からです。プレゼントされてそれが何という名前の花か分からないよりも、見て誰
が見ても分かる花がおすすめです。

それにヒマワリの持つ花のイメージもどなたが見ても嫌な感じではないです。
受け取って思わず笑みがこぼれるお花がヒマワリです。

6月になりますとお花屋さんでもヒマワリが多く入荷されますので、
品切れが起こるということもあまり無いです。

ヒマワリの1本あたりの単価も200円~300円位とバラなどに比べても
比較的買いやすいお値段です。

何かのプレゼントに添えてヒマワリ1輪でも良いですし、
ヒマワリだけでも3本、5本でも花束のバランスがとれておすすめです。

今年の父の日、2017年6月18日はヒマワリのお花を贈ってみませんか!

スポンサードリンク

 

 

父の日のテーマカラーになるヒマワリ


父の日のイメージカラーは黄色です。
黄色の持つイメージは明るく希望に繋がる色であり、幸せの象徴でもあります。

そんな黄色の持つイメージが定着した始まりがアメリカの西部開拓時代に、愛する
人の無事を願うものとして黄色のリボンを身に着けていました。今でも一般に安全
の象徴として黄色は使われています。

身を守る色として昔からイギリスでは使われていた黄色がアメリカの開拓史につな
がっていくのです。そこからヒントを得て制作した日本映画が「幸せの黄色いハン
カチ」です。高倉健さん倍賞千恵子さん主演の映画です。

大切な人の無事を願う色が黄色。
そのイメージにピッタリの花が「ヒマワリ」です。

父の日に相応しい花だと思いませんか!
ヒマワリの持つ花言葉も「あこがれ」「崇拝」です。

父親の一人としてこの花言葉に応えられるようにはないたいのですが・・・・・
そういう意味でも父の日にヒマワリをプレゼントするのはとてもオススメです。

 

 

まとめ


父の日に贈る花としてオススメなのが「ヒマワリ」です。

花言葉的にもオススメですし、ヒマワリの黄色は「父の日」のイメージとしても、
最適です。1輪で贈るのもありですし、3本5本だけでもまとまります。

2017年の父の日は6月18日です。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP