運動会のビデオが失敗!奥さんからダメ出し!その理由と撮影を成功するには

運動会の季節がはじまると、ビデオ撮影が上手く撮れずに悩む方いらっしゃいますね。

最初は慣れるまでうまく撮れないものですが、慣れてきても毎年見やすくい映像が撮れない。

私の友人もそうで、奥さんからダメ出しされてました。

自分の子供をビデオで撮影する時、失敗というか後で見た時につまらない映像になる場合があります。

ちょっと撮り方を工夫すればプロのような撮影は無理でも上手にビデオは撮れます。

誰でもコツをつかめば意外と無理なくできるビデオ撮影のコツを紹介します。

スポンサーリンク

 

運動会のビデオ撮影を失敗する理由は

 

 

なぜ友人が奥さんに運動会のビデオ撮影をダメ出しされたかというと、理由は簡単です。

それは自分の子供ばかりを追って撮影していたからです。

おじいちゃん、おばあちゃんに見せるならそれも良いかもしれませんが、家族でもそんな映像は後から観てもつまんないです。

よほどのテクニックがあれば別ですが、これでは運動会の記録にもなりません。

確かに私が観ていてもこれは、ウ~ンどうだろうと思いましね。

その反面、私の撮ったビデオはよく撮れていて見やすいと奥さんから言われました。

何が違うかというと、
自分の子供のアップばかりの映像ではないからです。

ついつい子供の運動会は、
自分の子供中心に撮影になってしまいがちです。

この撮影方法だとどうしてもアップになりがちで、動きのある運動会ではプロのカメラマンか、撮影になれいる人でないと子供の動きにカメラが追いつきません。

よくあることで可愛いお子さんのアップばかりで、いざ競技がスタートすると子供の動きに追いつかず、映像がバラバラ。

撮影後に見ると、とてもつまらない映像になります。

撮影の仕方はけして難しくはありません。ポイントを抑えて撮影すれば比較的簡単にビデオは撮れます。

ビギナーでも、後から見ても納得できるビデオの撮影のコツを次で紹介します。

スポンサーリンク

 

運動会のビデオ撮影を失敗せずに上手に撮る4つのコツ

 

素人の私が運動会のビデオを、よく撮れていると言われたのは次に紹介する撮り方によるものです。

技術的に難しくはありません。あなたでも簡単にできる撮り方になりすので参考にして下さい。

●運動会のビデオ撮影を失敗しないコツ

1.記録として残すように撮る。
2.自分の子供だけを撮らない。
3.全体を写すように撮る。
4.全体にストーリー性を持つように撮る。

【記録として残すように撮る】
ビデオには日時が映像に記録されますが、例えばその日の新聞1面を写すなどその日が特定されるものを撮る。
また、会場などに張り出されているプログラムを写す、なければプログラムが記載されているパンフレットを映す。

【自分の子供だけを撮らない】
メインを撮るのはお子さんだとしても、子どもたち全体を撮るようにします。

【全体を映すように撮る】
例として徒競走を取る場合

スタート地点に集まっている子どもたち全体を映す。

自分の子供をアップで映し、
段々と引いていき子どもたち全体を映す。

スタートラインに立つ子どもたち全体を映し、
徐々に引いていく。

走っている子どもたち全体をアップで撮さずに、
カメラを引きながら全員が走っていく姿を撮る。

ゴール付近を全体に映す。

自分の子供だけでなく、
一緒に走った子どもたちの表情を全体に撮る。

【全体にストーリー性を持つように撮る】
これはどの時点から撮るかですが、運動会が始まる前の朝から撮る。その中でその日を特定される新聞紙のトップを映し、運動会の会場の入り口を撮ります。

次にプログラムを撮り、上に表示した順に子供が参加するプログラムごとに撮っていきます。

以上になります。この流れで撮り始めていけば、後で撮影したビデオ観ても違和感なく楽しめます。

後は慣れてきたらズームやアップ等色々組み合わせていけば、全体にまとまった映像になります。

これは全く初めて、もしくは何回とってもうまく撮れない方におすすめする運動会のビデオの撮り方になります。

さらに上級を目指すなら、日頃何気なくみているテレビのドラマや、バラエティー映画等の場面展開を参考にして撮って下さい。

もちろんテレビにしろ映画などは編集もありますし、複数のテレビカメラで撮っていきますのでビデオカメラ一つでは難易度はありますが、とても参考になります。

運動会のかけっこでビリにならない!速く走る方法とは!!

ビデオ撮影は事前準備が大切

 

今まで失敗しないビデオでの撮影のコツや方法を説明してきましたが、その前の準備も怠りないようにします。

バッテリー切れやメディアの容量に注意して下さい。

いざ本番になってバッテリーなどが足りなくなって、撮影ができなくなったなんて最悪の事態になります。

そんな事にならないように必ず事前にチェックを入れる。

それと事前に撮影する前に、全体の流れなど頭の中にベスト映像をイメージして下さい。

頭の中にビデオ映像のラフスケッチを描いて下さい。これ以外と役に立ちます。

もちろん頭の中だけでなく、紙にラフスケッチ・絵コンテを簡単で構いませんので、丸や棒だけの絵でオーケーなので書いていくと頭の中に映像化していきやすいです。

 

 

まとめ

 

運動会のビデオ撮影でよく失敗するのが、ほとんど自分の子供だけが映り、後から見ると面白くない映像になっていることがあります。

後から観ても楽しめるように、自分の子供のアップだけでなく子どもたち全体に、そして競技や演技を全体が映るように撮っていきます。

後はストーリー性を持たせるような撮り方をしていけば、お子さんが大きくなって見る機会があっても十分楽しんで観られます。

頑張って、運動会のビデオ撮影にチャレンジして下さい。

スポンサーリンク


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

雨の通勤で靴が濡れない方法!知らないと損する傘のさし方と歩き方は!
白菜漬けの隠し味!美味しさを倍増させる果物を入れて作るには
熱中症になる高齢者の症状と予防と対策は!意外な危険な場所とは!
網戸の張替えが簡単にできる!この道具で20分で出来た
新宿御苑の秋のバラと冬桜や皇帝ダリアの見頃はいつ!
浜離宮恩賜庭園のコスモスの開花状況とアクセス方法!水上バスも可
スイカゼリーのレシピと固まらない理由!スイカジュースで熱中症予防
ユリの花粉の落とし方!衣服からビックリするほど落ちる意外な物!
小学校の入学祝いのお返しで親や祖父母に感謝を伝える方法は!
お花見の弁当を簡単に!定番の唐揚げをセブン・ローソンを食べ比べ
ふくろ祭りと東京よさこいの日程とメイン会場がよく見える場所は!
ランドセルの女の子の選び方と人気の色は!選ぶ時の注意点
子供が遠足で乗り物酔いになる意外な原因とそれを防ぐ効果的な対策は!
浴室のカビを防止する安全で手軽な方法!ネットで評判の方法を試したら? 
確定申告で医療費控除の金額-民間保険の給付金で間違える例とは!

Menu

HOME

TOP