ひな祭りで桃の花の飾り方!簡単に誰でも生ける早ワザとは!

スポンサードリンク

ひな祭りに飾る桃の花。
桃の花はひな祭りには欠かせません。

定番の桃と菜の花の、花瓶での生け方の注意点や。
桃の花だけをシンプルに生けるにはどうするか

桃に合わせる菜の花以外にどんな花が良いか?

実際に桃の花を花瓶に生けて見ました。
生けた桃の花の写真も入れて紹介します。

初めて花瓶に生ける方、また桃以外に
どんな花を一緒に生けてよいかわからない方
参考にしてみて下さい。

 

 

ひな祭り、桃の花と菜の花の生け方と注意点


ひな祭りに使う花は桃の花は、無くてはならない存在です。

ひな祭りに桃の花だけを飾る。
シンプルに花瓶に生ける、桃の1種生けも良いと思います。

上の写真は桃の花だけで生けたものと、菜の花を組み合わせたものです。
池坊に一種生けと言うのがあり、真・副・体で花などを表現しますが
それとは違い、むずかしく考えないで高低差をつけて生けます。

自宅で飾るものですから、お花の展示会ではないので
お気楽にバランスを取っていけて下さい。

DSCF8730 - コピー   DSCF8739

桃の花だけであれば、左の写真の様に簡単でいいんですよ!

それ以外は菜の花が一番マッチしていると思います。
ピンクの桃の花に、黄色の菜の花を生けると
もうすぐそこに春を感じられる、ひな祭りのお花ですね

●桃の花と菜の花を生ける時の注意点

桃の花は素早くカットしていきます。

お花の部分はなるべく触れないように、つぼみが落ちますから
しっかりと手に持ってハサミで切ります。
テーブルや台の上に桃の花を置いて切ると、つぼみが台に触れて落ちます。

それと女性には多少、力仕事になりますが
桃の枝の足元は下記の写真のように十字にカットして下さい。
ちょっと十字にはなっていませんが・・・・・・

DSCF8725

水の吸い上げ面積が広くなり、桃の枝の水あげが良くなります。
それとモモのつぼみには霧吹きをします。

菜の花は一日一日伸びていきます。

毎日のお花の切り戻しが一番お花を長く持たせるコツですが
忙しくてできない人は、菜の花は短めに生けて下さい。

桃の花のトップの半分ぐらい目安に高低差をつけて
二本菜の花を生けます。

DSCF8737

菜の花にかぎらず水と接するところの葉は取り除いて下さい。
水の汚れを抑えますから、写真のように花の足元はスッキリと!

 

 

ひな祭りに桃と他の花の生け方


ひな祭りには桃花があれば菜の花だけではなくとも
他の花でもキレイに、桃の節句に合わせられます。

写真のように菜の花に変わって、
フリージア、チューリップ、それにマーガレットなども
桃の枝と組み合わせてもキレイです。

桃の花がピンク色ですから、春を感じる黄色で選んでみました。

●フリージア、チューリップを桃の花に合わせる時の注意点

フリージアはお花屋さんで選ぶ時は
出来ればフリージアの横枝がついたものがおすすめです。

何故かと言うとフリージアの横枝のつぼみは
どんなに小さくてもほとんどと言って良いくらい咲いていきます。

チューリップは菜の花に負けないくらい、
花首が伸びていきますから、菜の花と同じくらいの高さに切ります。
それでもやや少し長めにカットします。

スポンサードリンク

DSCF8741 DSCF8743 - コピー

葉がぴんとしてキレイなら、葉も落とさずに生けます。
チューリップの葉の厚みで、花瓶の空間が埋まり
桃の枝がクルクルと回りにくくなりますので!

コレで何かもう一つ花が欲しいなと思ったら
オススメなのがマーガレットです。
それもスプレー咲きのマーガレットが良いです。

それぞれにマーガレットを一緒に生けた写真が下にあります。
お好みですがシンプル派とボリューム派に分かれますが
参考にして見て下さい。

DSCF8745 - コピー DSCF8744 - コピー    DSCF8746 - コピー

 

桃の花と菜の花、それ以外も全部生けたら・・・・


桃の花と菜の花、それ以外の花を花瓶に生けるとこんな感じです。
ボリュームがあって良いと思う人
桃と菜の花だけが一番だなと思う方、それぞれだと思います。

DSCF8757 DSCF8762

チョット豪華にするならコレぐらいボリュームがあると良いですね。

予算の関係でフリージア、チューリップは黄色にしましたが、
菜の花と一緒に生けるなら、
チューリップは他の色にして、桃と菜の花を引き立てることも有りと思います。

あと桃の横枝に花が付いていたら
カットして写真のように小さな花瓶、
トックリなどの口の細い器に生けても良いですよ!

DSCF8761

チョットしたすき間に置けて、いい感じになります。

 

 

まとめ


ひな祭りの桃の節句には
桃のお花は重要な脇役です!

お雛様は飾ったけど、花はいりませんという方でも
桃と菜の花だけなら1000円ぐらいで販売されています。

参考までにこのお花の費用は2500円ぐらいでした。

おひな様もお花があればきっと喜びますよ。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP