インフルエンザの予防と対策 家族を感染から守った主婦の7の対応策!

インフルエンザの流行が
例年より早くピークを迎えています。

お子さんお持ちの家庭では
インフルエンザ対策は必須ですよね。

今年はインフルエンザの予防接種をせずに、
家族をインフルエンザから守った、
知り合いのお母さんのお話しをします。

3人の子持ちのこのお母さん
予防接種をしにクリニックに連れて行くのが大変で、今年は連れて行かなかったそうです。

そうしたら次男くんがインフルエンザを発症

さっー大変!

家族がインフルエンザ発症の危機に!
そこで行った7つのインフルエンザ対策とは

スポンサードリンク

 

インフルエンザの予防接種は嫌!

 
インフルエンザの予防接種の注射、
子供なら誰でも嫌がりますよね。

大人だって「注射大好きです!」

なんていう人はいないですよ。

248103

3人のお子さんのお母さん、毎年子供をだましだまし
クリニックに行くのは大変で、
去年連れて行くのに大変だったことを考えると、今年は予防接種をするのは、やめようと決断したそうです。

長男くんが通っている学校でも、学年閉鎖があったり長女さんの通っている保育園でも、半数以上がインフルの発症。

それでもお子さんたちは、元気でピンピン!
「何だ全然大丈夫じゃん!?」

余裕余裕と思っていた矢先、
次男くんがインフルエンザを発症。

原因は数日間旅行でいろいろな所をまわったから・・・・旅行から帰ってきたら、すぐ発症したそうです。

次男くんを隔離するにも家には2部屋のみ
お母さんは家でお仕事をしている女性なので
空いている部屋は無い状態。

そこで知識を総動員して取り組んだ
インフルエンザ対策!

それが功を奏して他の家族をインフルエンザから守りました。どうやってインフルエンザに対抗?できたのか、お聞きしたことをまとめてみます。

 

インフルエンザの発症を抑たマヌカハニーと他

 
なぜインフルエンザを発症しなかった
理由を聞いてみたところ

次の7つのインフルエンザ対策を試みたからだそうです。

1 マクロビ薬膳を意識した食事
2 R-1乳酸菌を朝・晩と1本ずつ飲む
3 マヌカハニーを朝・晩1回ずつなめる
4 室内を頻繁に換気する
5 加湿器とプラズマクラスターのフル稼働
6 ヤクルトを飲ませる
7 室内をオイルヒーターで23度前後に保つ

1と3のマクロビ薬膳とマヌカハニーと言うのは分りませんが、それ以外は皆さんテレビなどでよくご存知だと思います。

やはり効果はそれなりあるんだと、
あらためて納得される方は多いと思います。

マクロビ薬膳とマヌカハニーをちょっと調べてみると

マクロビと薬膳を組み合わせたものがマクロビ薬膳です。そもそもその言葉がわからないので、簡単に訳すと・・・・・東洋医学を元にオーガニックの無農薬野菜を使った、とてもヘルシーな食事のようです。

マヌカハニーという言葉は、初めて接する言葉です。調べるとマヌカという植物から取れるハチミツのことです。

かなり体によく、昨年TVの「駆け込みドクター」でも紹介され、ハチミツの中でも優れた特質をもち、殺菌効果でピロリ菌の繁殖を抑え、インフルエンザや口内炎や歯周病の改善にもなるそうです。

当然かぜやインフルエンザには効果が期待できるので、小さなお子さんや、高齢者のインフルエンザ予防には、マヌカハニーのハチミツを積極的にとりたいですね。

マクロビ薬膳とマヌカハニー、ヤクルト、R1乳酸菌はインフルエンザだけでなく体の健康維持には大いに役立ちますから、日頃から摂取していくと免疫力がアップしインフルエンザ予防に役立ちます。

スポンサードリンク

 

インフルエンザの予防には湿度と温度が大事!

 
紹介した3人のお子さんをお持ちのお母さんは、インフルエンザの予防としてと湿度と温度を適温に保ったことは取り組みやすく、対策としてはかなり重要です。

加湿器で部屋の乾燥を押さえ、オイルヒーターで空気を汚さずに部屋の温度を一定にすることは、理にかなったインフルエンザの予防です。

インフルエンザウイルスの活動を抑えるには、湿度を50%以上にすると生存できなくなり、温度が21~24度に保った時、ウイルスの生存率は3~5%。逆にその温度で湿度を20%ぐらいの状態だと、ウイルスの生存率は63%に昇ります。

このインフルエンザウイルスと湿度・温度の関係調べた報告が、1961年にG.J.Harperらによって論文で発表されています。

この結果で分かるようにインフルエンザウイルスは、湿度に弱く低温には強いが、高温には弱いことが分かっています。

食事などの内的要因と温湿度の調整の外的要因で、このお母さんは2人のお子さんとそれから自らもインフルエンザの感染を予防できたのですね。

母は強しです!
お母さんにアッパレを!(o’∀`o)

 

まとめ

 
インフルエンザの予防には温度や湿度を最適に保ち、体に良いものをとりいれて免疫力を上げることです。

その中でも殺菌力のあるマヌカハ二ーや整腸作用のある乳酸菌、オーガニックな野菜などを食べて体の免疫力をあげることが重要です。

これはインフルエンザの予防接種以上に効果があるかもしれません。

それともうひとつ重要なのは
外から帰ったら、手洗いやうがいをすることは言うまでもありませんね。

皆さんインフルエンザの予防は常日頃から実行していきましょう!


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP