オリーブの種抜きはどのタイミングで?種抜き器を使ってみての感想!

dscn5629-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

オリーブの実を収穫していろいろと利用する際に
種抜きをするのは、いつのタイミングですればよいか。

アク抜きを行なう前に種抜きか
それともアク抜きをしてから種抜きをしたほうが良いのか。

また種抜き器を利用したほうが良いのか。
何がおすすめなのか・・・・・・・・。

オリーブの収穫後どのタイミングで種抜きをすれば良いか。
実際に通販でオリーブの種抜き器を購入し使用しての感想や検証を行ないました。

スポンサードリンク

オリーブの種抜きは収穫後どのタイミングで行なうか

オリーブの種抜きについて調べてみると、収穫後にするのと
アク抜きを終えてから種を抜く両方の方法があります。

要するに種抜きは、アク抜きの前か後かです。

どちらの方法でも良いわけですが、実際に種抜きを種抜き器を使ってみて分かったことですが、
アク抜きの前か後か、どっちで種を抜くかはオリーブの完熟度の違いで決めるのが良く、目安はオリーブの色で決めるのが一番です。

完熟していない状態の青オリーブから褐色がかったオリーブでの種抜きは、塩漬けしてアクを抜いた後での種抜きが良いです。黒褐色から黒色のオリーブであれば漬け込む前でも種抜きはスムーズにできます。

なぜかというと種を抜くには果肉と種が、はく離しやすくなると抜きやすいです。まだ青みがかった状態では種とオリーブの果肉が密着しているから種抜きがしにくいのです。

けして無理ではありませんが、実際に種抜き器で試してみると↓の画像のように種のお尻の果肉が付いたままの状態で3割ぐらいの種が抜けます。

dscn5636

 

青オリーブの種抜きは渋抜きした後で種を抜くのが良いのは、塩漬けして約一ヶ月ぐらい立つと果肉も柔らかくなり種が抜けやすくなるからです。

黒オリーブになると種と果肉が、はく離しやすい状態になるので漬け込む前でも種抜き機で種が抜けやすくなります。

以上のことからオリーブの実を利用する際に必ず行なう種抜きは、オリーブの完熟度によってアク抜きの前か後かを決めれば良いです。

●オリーブはアクを抜きしてから食材に!

オリーブのアク抜きは重要で、アクを抜かずには利用することは難しく、直接かじってみるとすぐに分かりますが渋柿以上のアクの渋さが口中に広がります。
ほんの少しかじっただけで、すぐに後悔する強烈な渋さです。

なのでオリーブを利用する際の絶対条件は、アク抜きつまり渋抜きが欠かせませんし、またオリーブを利用した食材は、種がない方が使い勝手というか食べやすいのでどのタイミングであっても、種抜きは必須です。

梅干しなどは種つきもありますが、オリーブを食材として使うには種抜きのほうが梅干しと違い利用しやすく食べやすいです。

スポンサードリンク

オリーブの種抜き器使ってみての感想とおすすめは

オリーブの種抜き器は通販の楽天やアマゾンで販売されています。
今回初めて楽天で種抜き器のCuisipro クイジプロ オリーブ・チェリーピッターを購入しました。

dscn5618

 

ドイツ製の物で使い方の説明は一切日本語ではありませんが、構造はいたってシンプルなので見た目で判断できます。種抜き器のホルダーにオリーブを乗せ、ホチキスを使うようにして種を打ち抜きます。

とても簡単にできますが使っみて色々と良い点、悪い点がわかりました。
それぞれの項目をあげてみます。

●クイジプロ オリーブ・チェリーピッターの良い点

・力がなくても使える
・収納がしやすくコンパクト
・価格が手ごろ
・ホールド部分がシリコンなのでオリーブが傷つきにくい

●クイジプロ オリーブ・チェリーピッターの悪い点

・小さめのオリーブは種が取れない
・ホールドがシリコンなので破損しやすい
・種が下から飛び出すので注意が必要

実際に使ってみての感想は以上です。
一番の気になることは、小さなオリーブでは使えないことです。これは種が抜け出る穴の大きさ(器種)で変わってきますので他の種取り器を使っても、ホールド部分の穴の大きさ以下のオリーブの実だと使えないです。

またこのチェリーピッターはホールド部分がシリコン製なので、オリーブの傷が付きにくい反面使い込むと破損してきます。楽天でのレビューなどをみても破損された方がいます。私も約100個あったオリーブが90個目近く種取り後にシリコンに亀裂が入り使えなくなりました。

ただこれは販売店に電話を入れて無料で交換の手続きをしていただき電話した翌日には代品が送られてきました。

このことからわかることはこの種取り器をオリーブで使用するにはある程度の大きさで、シリコンに負担が少ない黒オリーブの実かアク抜き後のオリーブでの使用が良いと思います。

他の種取り器のレビューを読むと気になるところはほぼみな同じで、実が小さいと使えなかったり、完全に種だけが取れずに果肉が付いたまま種が取れてしまうなど難点は同じ出す。

これに対しての対応は前述したとおり種取りする時期に注意すれば解決するので
オリーブの種取り器を選ぶならどの種類でも同じだと思います。

今回私が仕用した種取り器はシリコンが途中で破損しましたが、実が柔らかくなっていればそれは防げたのではと思います。

まとめ

オリーブの種抜きはアク抜きした後か、
青オリーブでの時には種抜きをしないで黒オリーブになってから
行うほうがきれいに種抜きができます。

また種抜き器に関しては実際に使ってみて、
他の器種のレビューを読めば使いやすさや使いにくさはみな同じです。

オリーブの種抜きのタイミングを間違わなければ

種はきれいに抜けます。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP