オリーブの実 塩漬けの収穫時期とタイミング!利用法は色が目安

dscn5583

オリーブをガーデニングで育てる楽しみの一つに
実を収穫して利用するということがあります。

でも初めての方にとって
オリーブをどのタイミングで収穫するのか
またどういう利用方法があるのかも分からないと思います。

そんなオリーブのガーデニングビギナーの方に
オリーブの収穫の時期と利用法を紹介します。

スポンサードリンク

オリーブの塩漬け収穫時期とそのタイミングは

オリーブの実は種類と生育場所やその時の気候によって
色付き具合が変わってきます。

また種類によって色づき具合の時期も多少異なります。
それは同じ種類であっても、育った場所や環境によっても違ってきますが、
収穫の目安はお使いになる用途によってオリーブの実の色で判断します。

いつぐらいからオリーブの実の色が変わっていくかというと、
9月から10月上旬の間ぐらいで色合いがきれいなグリーンの緑色からえんじ色、
暗褐色から黒褐色の黒に近い色に変わっていきます。

色の変化は自宅で収穫したオリーブを色のグラデーションで並べてみました。
これはオリーブの成熟度のカラースケールになります。

dscn5597

●オリーブの実を塩漬けする時の色合いは

ご家庭での一般的なオリーブの利用法は塩漬けです。
上のカラースケールで言えば左から1番目から5番目ぐらいまでがおすすめする
オリーブの塩漬けの色合いで収穫に適したタイミングです。

この塩漬けというのはオリーブのアク抜きも一緒に兼ねています。
オリーブを塩に漬け込むことでアクを抜いていきます。
つまり塩漬けはアク抜きも兼ねることになるわけです。

本場のイタリアでは、黒オリーブの実の塩漬けもありますが、
保存が効き漬けやすいのは上記の1から5ぐらいまでが
オリーブの塩漬けが一番しやすい時期になります。

●オリーブの塩漬けによるアク抜き

オリーブ実を利用するにはアク抜きは欠かせません。
アク抜きをするにはオリーブは他の食材と違って少々手間がかかります。

よく説明されているのが苛性ソーダを使った方法や、一般的な塩を使ってのアク抜きです。苛性ソーダは水酸化ナトリウムの事で薬局ではほとんど販売されていませんので入手は困難です。

なので食塩を使って渋抜きしたり、重曹を使ってオリーブの渋抜きをします。
重曹を使うと意外と楽で、当サイトでも↓で、ご紹介していますので参考にして下さい。
オリーブのあく抜き、自宅で簡単にできるアク抜き方法!

オリーブの本場イタリアでは保存食として、岩塩を使ってのオリーブの渋抜きをしたりしています。岩塩は食塩と違いミネラル成分が入っているので漬かった後の味に違いが出てくるのでしょうかね。

スポンサードリンク

オリーブの実を渋抜きした後の利用法

オリーブの利用法によって収穫する時期は変わります。
塩漬けにするなら上記のオリーブの色で左から1番めから5番目になりますが、
黒オリーブ付にするならば、9番目から10番目を利用します。

また塩漬けした後の利用法としてはオリーブの実のオリーブオイル漬けです。
収穫したオリーブを直接オリーブオイルで漬け込むわけではなく完全に渋を抜いた後でオリーブオイルに漬け込みます。

このオイル漬けはオリーブの渋を抜いてからオイル漬けにします。
自宅にオリーブの木がなかったり、実が収穫できなくてもアク抜きをしたオリーブの実は販売されていますので、興味のある方はチャレンジしてみてはどうでしょう。

スーパーの成城石井に何種類か販売していました。
作り方は簡単なのでレシピをご紹介します。

●オリーブのオイル漬け

【材料】

グリーンオリーブ  300g
ニンニク      2片
唐辛子       1本
オリーブオイル   適量
ビン        1個

※お好みでハーブ(バジル、タイム)なども入れる事も

【作り方】

1.オリーブの種を抜く(塩漬けしたアクのないオリーブ)
2.ニンニクをスライスし唐辛子を輪切りにする
3.ビンの中に1と2を入れる
4.ビンの中に全体が隠れる程度のオリーブオイルを加える

作り方はとても簡単なので難しさはないと思います。
即席で食べることも可能ですが、一週間ぐらい待ったほうがニンニクなどの味が程よくまじります。

一から作るの楽しむならばオリーブの木を植えて、収穫して渋抜きをするとこから始めるのが良いですが、食を重視するならば渋抜きがされているオリーブも販売されていますので、それを使えば時間短縮ができます。

でき上がったオリーブのオイル漬けはそれだけでも美味しいですが、
サラダやパスタ、スパゲッティーなどに使って調理すれば本場の味が堪能できると思いますよ!

まとめ

オリーブは渋抜きをしてから出ないと利用できないのが難点ですが、
これをクリアすればいろいろな食材に使うことができます。

渋抜きは塩と重曹を使うと時間はかかりますが自宅でオリーブの渋抜きができます。

オリーブは育てる楽しみがあって、実を収穫する楽しみもあり、
また渋抜きしたオリーブの実を使っていろいろな料理を作る楽しみがあります。

ガーデニングに興味がある方ならオリーブを育て、実を付けることからはじめてみませんか。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP