敬老の日の花を花言葉で選ぶ!一押しのおすすめは!他に種類と定番は!

敬老の日に花を贈るなら何が良いか。

毎年の9月の第3月曜日は敬老の日ですね。
おじいちゃんおばあちゃんに感謝を込めてお花を贈る方が多いです。

どんな花を敬老の日に贈るかお悩みですか。
花言葉で敬老の日にふさわしいお花があれば、その花を贈りたいですよね。

時期でもありピッタリのお花があります。
そのお花を紹介しますね。

スポンサードリンク

敬老の花を花言葉で選ぶなら一押しの花は


敬老の日の花で花言葉としてもふさわしくて、時期でもあるお花。
それは「ヒマワリ」です。

ヒマワリの最盛期は夏ですが、
意外と9月の第3月曜ぐらいでもヒマワリは出荷されています。
なのでお花屋さんでも9月の中旬ぐらいは普通に販売されています。

そしてヒマワリの花言葉は「愛慕」「崇拝」になります。
敬老の日に贈る花言葉としてピッタリとマッチしていると思いませんか。

敬うご年配のおじいちゃんおばあちゃんにふさわしい花言葉じゃないですか!

そのヒマワリの贈るスタイルとして生花の切り花がおすすめです。
花束としてメインにして贈るのも良いですし、
他の花と組み合わせてプレゼントするのも良いですね。

花束以外ではバスケットや陶器に吸水スポンジで生けたアレンジメントでも良いです。アレンジメントはそのまま飾れますので、花ビンに生ける花束と違い比較的手間いらずですから御高齢のおじいちゃんおばあちゃんにはおすすめです。

536705

●ヒマワリの花を何本と何を組み合わせるか!

小さなお子さんでお孫さんが贈るならヒマワリ1本でも良いですが、
3本か5本が組み合わせやすく、まとまりやすい本数です。

以下は参考例です。

・ヒマワリ      3本
・バラ(オレンジ系) 2本
・青物(グリーン)  適量

・ヒマワリ      5本
・カーネーション   3本
・青物(グリーン)  適量

これは参考例なのでバラやカーネーション以外でも組み合わせはお好みでできますが、お花屋さんのアドバイスを聞きながら選ばれると良いです。

上記のセット価格になると、お花屋さんや花の等級等で価格は当然違いますが、だいたい2,000円~3,000前後ぐらいだと思います。それとご年配の方は意外とカスミソウがお好きな方が多いので、これに組み合わせるのも良いですね。

●ヒマワリがない時は!

またヒマワリをお花屋さんで探したけど無い時に、かわる花としておすすめなのが似たイメージの花で「ガーベラ」です。

同じキク科の花で色や咲き方にバリエーションがあって可愛いお花がガーベラです。花言葉でマッチしているのがピンクと黄色のガーベラになります。

・ピンクのガーベラの花言葉:「崇高美」

・黄色いガーベラの花言葉:「親しみやすい」「優しさ」

一種類だけでまとめるのも良いですし、上記のヒマワリとセットにしたバラ等と組み合わせてもキレイにまとまりますよ。

スポンサードリンク

敬老に日の花で種類と定番は


敬老の日に贈る花の種類と定番についてご案内します。

生花の切り花になりますとヒマワリ以外にもバラやカーネーション、ガーベラ、トルコキキョウ、ダリア、ユリなどが定番で、この時期になるとお花屋さんでは秋草系の花でリンドウやオミナエシ、藤袴、ワレモコウなどが店頭を飾ります。

洋花のバラやカーネーションに組み合わせて秋草系の花をワンポイント組み合わせるのも良いです。ただご年配だからといって秋草系ばかりをメインにせずに必ず洋花を組み合わせるのが無難ですし、きっと喜ばれますよ。

鉢物になるとグッと種類が減ります。
時期の花としておすすめなのが、「リンドウ」と別名「ニオイ桜」と言われている「ルクリア」です。

意外とヒマワリの鉢物が少いというか、基本夏の花なので捜すのが難しいです。他には通年で出荷されている蘭の花の「胡蝶蘭」です。
高級花として敬老の日に豪華に贈るなら胡蝶蘭も良いです。

おすすめなのはニオイ桜です。定番モノはピンク系のルクリア(ニオイ桜)です。
数は少いですが白色のルクリアもありますが、ピンク系の濃淡の種類の鉢が多く贈るならピンク系良いです。ポイントは上手に管理すれば12月ぐらいまで咲いていきます。

植物を育てるのが苦手な方でも10月ぐらいまでは外で明るい場所で管理し、11月ぐらいになったら室内の日当たりの良い場所に移動すればお花は咲き続けます。

リンドウと比べても丈夫なタイプです。冬場を上手に管理すれば来年もお花を楽しめますよ。
ガーデニングを趣味にしているおじいちゃんおばあちゃんにはオススメですね。

まとめ


敬老の日に贈る花をご案内しました。

まとめると生花の花束やアレンジで贈るなら、花言葉的にもヒマワリがおすすめで本数も1本~5本ぐらいがまとめやすい。組み合わせはいろいろで上記に参考例をあげています。

ヒマワリがなかった時は花言葉で選ぶならガーベラのピンクと黄色がおすすめです。

また鉢物であればこの時期は種類が少いので、ニオイ桜のルクリアが花の咲く期間が長く、上手に管理すれば翌年も咲きますので贈られてみてはどうでしょうか。

以上をぜひ参考にして敬老の日の花に贈ってみませんか。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP