ノーベル賞受賞者の大村氏はクロカンの国体出場経験の元高校教師!

f663e686652b06282d4ce3a5ac8801a0_s

ノーベル賞の日本人受賞者23人目が決まった。

受賞されたのは大村智・北里大特別名誉教授(80)で
ノーベル生理学・医学賞を受賞された。

ノーベル生理学・医学賞は利根川進・米マサチューセッツ工科大教授、
山中伸弥・京都大学教授につづいて3人目だ。

実は大村智氏は10月4日付の読売新聞の日本人ノーベル賞受賞候補者の中に
選ばれてはいなかった。

失礼ではあるがダークホース的な存在だったのかも、
では大村氏はどんな人物かどんな研究で選ばれたのか調べてみた。

また過去の日本人のノーベル賞受賞者も調べました。

スポンサードリンク

 

 

ノーベル賞を受賞した大村智氏はクロスカントリーの国体出場経験が!


ノーベル賞を受賞された大村智氏は山梨県の農家の長男として生まれ、
高校2年の時に国体のクロスカントリーの選手として2度出場されたスポーツマン。

大学時代もスキーをやめず、睡眠時間を削ってまでもトレーニングを積んでいた
過去がある異色の学者で大学卒業後は都立墨田工業高校の夜間部教師の職につき、
昼間は東京理科大の修士課程に席を置いていた苦労人です。

それでは2015年のノーベル賞・医学賞を受賞された大村智・北里大特別名誉教授はどんな人物なのかというと経歴は下記になります。

【大村氏の経歴】

1935年 山梨県で生まれ
 58年 山梨大学学芸学部自然科学科卒
 58年 都立墨田工業高校の夜間部教諭
 63年 東京理科大学大学院理学研究科修士課程修了
 68年 薬学博士(東京大)
 70年 理学博士(東京理科大)
 75年 北里大学薬学部教授
 90年 北里研究所長
 07年 北里大名誉教授
 12年 文化功労者
 15年 朝日賞受賞

 

 

ノーベル賞を受賞した大村氏の業績は


大村氏は1975年に静岡県伊東市の土壌から新種の放線菌を見つけ、
そこから寄生虫治療薬の「イベルメクチン」の開発等に貢献されました。

その治療薬によって途上国の風土病でもある
「オンコセルカ症」からの失明や症状の悪化を防いだ。

オンコセルカ症は河川盲目症とも呼ばれ失明の原因となる
線虫の目の進入を防いだり、症状の悪化を防いだりすることが
イベルメクチンによってそれが可能になった。

この新薬の開発によりアフリカや中南米の途上国の人々から
失明の危機を救いそして彼らの健康に大いに貢献されました。。

ノーベル生理学・医学賞は氏のほか2名が同時受賞され、その3名の業績は
「寄生虫による感染症とマラリア治療法の発見」です。

スポンサードリンク

 

 

ノーベル賞の過去の日本人受賞者22人は


今回23人目のノーベル賞受賞者、大村智氏以外に、
過去のノーベル賞受賞者22人と年次は下記になります。

●日本人ノーベル受賞者

1949年 湯川秀樹氏  物理学賞   素粒子論
1965年 朝永振一郎氏 物理学賞   素粒子論
1968年 川端康成   文学賞    小説
1973年 江崎玲於奈氏 物理学賞   物生物理学
1974年 佐藤栄作氏  平和賞    政治
1981年 福井健一氏  化学賞    量子力学
1987年 利根川進氏  医学生理学賞 免疫学
2000年 白川秀樹氏  化学賞    高分子化学
2001年 野依良治氏  化学賞    有機合成科学
2002年 小柴昌俊氏  物理学賞   天体物理学
 02年 田中耕一氏  化学賞    質量分析学
2008年 南部陽一郎氏 物理学賞   素粒子論
 08年 小林誠氏   物理学賞   素粒子論
 08年 益川敏英氏  物理学賞   素粒子論
 08年 下村修氏   化学賞    天然物化学
2010年 根岸英一氏  化学賞    有機合成科学
 10年 鈴木章氏   化学賞    有機合成科学
2012年 山中伸弥氏  医学生理学賞 肝細胞生物学
2014年 赤崎勇氏   物理学賞   物生物理学
 14年 天野浩氏   物理学賞   物生物理学
 14年 中村修二氏  物理学賞   物生物理学

以上の22名で本年受賞さた大村智氏を含め日本人は23人目の
ノーベル賞受賞です。(南部氏、中村氏は米国籍)

 

 

まとめ


今回の大村氏を含めノーベル賞の受賞者は23人になり、
2000年からは15人が受賞されています。

まだまだ日本人のノーベル賞の候補はたくさんいらっしゃいますが、
次回はなんと言っても文学賞候補の村上春樹氏に
注目が今回以上にあり、期待が高まるのではないでしょうか。

ノーベル賞を受賞された大村さんおめでとうございます!

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP