おそ松さんのアニメはいつからか 成長したおそ松くんの声優が凄い!

1960年代後半まで、週刊少年サンデーに連載され
アニメでも何回か放送された「おそ松くん」。

成長して「おそ松さん」になって放送される。

どんな姿で成長したか楽しみであり、
また声優陣は人気のある若手を集め豪華なキャストです。

おそ松さんのテレビアニメはいつからなのか
また人気の声優陣の内容とコメントを掲載!

スポンサードリンク

 

 

おそ松さんTVアニメはあの放送局から


おそ松くん(C)赤塚不二夫/おそ松さん制作委員会

おそ松さんが放送されるのはテレビ東京、
10月5日(月)から始まり、時間帯は深夜の1時35分からだ。

●おそ松さん放送開始

10月5日より毎週(月)の深夜1:35分スタート

・テレビ東京 10月5日(月)深夜1:35~
・テレビ大阪 10月5日(月)深夜1:35~
・テレビ愛知 10月5日(月)深夜3:05~

※初回10月5日については枠変更の可能性があり

・BSジャパン 10月10日(土)深夜0:00~放送開始!

・AT-X 10月6日(火)0:30~放送開始!

※週に4回放送
毎週木曜 夕方 4:30~
毎週日曜 夕方 6:30~
毎週月曜  朝 8:30~

※放送日時は予告なく変更する場合あり

 

 

おそ松さんの声優陣のコメント


おそ松さんに出演する、豪華な声優陣のコメントが届いている。
それぞれのコメントを「おそま通信」から拾ってみた。

おそ松:声優/櫻井孝宏さん

「あの『おそ松くん』が再び『おそ松さん』としてTVアニメに!!
このギャグ作品が、今ナイズドされるとあんなことになっちゃいます。
”あんなこととは”はオンエアで確かめてください。
あそんでますよ~。お楽しみに!」

カラ松:声優/中村悠一さん

「あの『おそ松くん』が『おそ松さん』としてよみがえります。
ボク達もこれから何が生まれようとしているのか計りかねながら超ッセんしています。ご期待ください。

チョロ松:声優/神谷浩史さん

「チョロ松の声を任せていただける事になりました神谷浩史です!
まず「おそ松くん」→(成長)「おそ松さん」という発想が素晴らしい!
このタイトルに少しでも引っかりを覚えたらぜひアニメを見ていただきたい!
誰も見たことのない「おそ松くん」のその後・・・・
きっと形容しがたい気持ちになると思います。

一松:声優/福山 潤さん

「よみがえる伝説!いへ、今作こそが正に伝説となること間違いないでしょう。!!
第一話は・・・・スペクタルです!!イヤミが、チビ太が皆帰ってくる!!
正にスペクタルなのです!!けして見逃さないでください!!」

トド松:声優/入野自由さん

「この座組に参加できること、大変嬉しく思っています。アフレコは順調です。
笑わない収録日はありません。パワフルで圧倒的なこの作品を観ないなんて、
そんなことあり得るんでしょうか?
皆さん、是非『おそ松さん』をお楽しみに!」

十四松:声優/小野大輔さん

「とにかく笑い溢れる現場です。いまや毎週のこの時間を楽しみに、
一週間頑張っている感覚すらあります!演じる自分たちがこれだけ楽しく、
元気をもらっているわけですから、視聴者の皆様も必ずや明るくポジティブな気持ちになれるはずです!
とにかく何も考えず、頭を空っぽにしてゲラゲラワッハッハしていただければこれ幸いです!」

スポンサードリンク

豪華な声優陣だけでなく、アニメの指揮を振るう
監督は「銀魂」の藤田陽一。

キャラクターデザインは
「劇場版ドラえもん」総作画監督を務めた浅野直之という顔ぶれで
スタッフも豪華である。

●おそ松さんスタッフ

原作:『おそ松くん』 赤塚不二夫/「週刊少年サンデー」(1962年~1969年)他で連載

監督:藤田 陽一

キャラクターデザイン:浅野 直之

シリーズ構成:松原 秀

美術監督:田村 せいき

色彩設計:垣田 由紀子

撮影監督:福士 享

編集:坂本 久美子

音楽:橋本 由香利

音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ

音響監督:菊田 浩巳

音響制作:楽音舎

アニメーション制作:studioぴえろ

 

 

おそ松さんのキャラクターは


おそ松さんは赤塚不二夫氏のギャグ漫画「おそ松くん」が原作で
今年20015年が赤塚不二夫生誕80年を記念して制作されたものだ。

赤塚ギャグの原点とも言えるおそ松くん。

 

氏のキャラクター作りは天才的だ、
それぞれのキャラクターは毎週悪役になったり善人の役になったりする。

まるで俳優が出演する映画ごとに役が変わるのと同じである。
この演劇・映画会のスターシステムを
漫画の世界で最初に取り入れ成功したのは赤塚不二夫の漫画だ。

これでストリー展開のアイデアを小説や映画のストーリーや手法をベースに
新たに赤塚流でアレンジしてストーリーのある秀逸なギャグ漫画を作っている。

またそれぞれのキャラクターにストーリー変わっても一貫性のある個性をもたせ、
セリフ回しも独特で、一度覚えたら生涯忘れられない。

最初に出会った時からすでに40年以上立っているが
まだ私の脳裏にはしっかりと炊き付いている

●おそ松くんキャラクターの言葉の特徴

イヤミ:「シェー」「ざんす」
チビ太:「ケケケケー」
デカパン:「ホエホエー」「ダミダス」
ダヨーン:「ダヨーン」
ハト坊:「そうだジョー」

小学生の頃、毎週発売される週刊少年サンデーの「おそ松くんは」が楽しみで
連載が終わってからも、曙出版の単行本化されたおそ松くん全集のコミックスを
少ないおこづかいで毎月1冊を買っていた思い出がある。

成長したおそ松さんがどんな変貌しているか楽しみである。

 

 

まとめ


あのおそ松くんが帰ってくる。
どんなおそ松さんになって帰ってくるか楽しみだ。

再々放送もされてる人気のアニメだ。
白黒の放送の時のアニメが懐かしい。

とにかく最初の放送日が待ち遠しいのだ ヨ~ン!

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP