オリーブのあく抜き、自宅で簡単にできるアク抜き方法!

スポンサードリンク

 

オリーブの木がガーデニングで近年人気です。

シルバーグリーン色の葉で、地中海をおイメージするオリーブ。
また最近は食生活や健康目的で、オリーブオイルの使用や推奨本が巷にあふれ
実際にオリーブオイルで健康を維持している方もいらっしゃいます。

たくさんの量のオリーブオイルを採るのは家庭では無理ですが
ちょっとした料理使うぐらいの量であれば、オイルの採取は可能です。

今回は難度のあるオイルの採取方法はさておいといて
オリーブの実の簡単なアク抜き方法をご紹介します。

従来方法のオリーブのアク抜き法と違い
一般家庭にあるもので、簡単にアク抜きができます。

a1600_000246

 

今までのオリーブのアク抜き方法


オリーブの実は生のままでは、他の果物みたいに食べられません。
エグく渋柿以上にシブが強く、このシブつまりアクを抜かないと
食用として利用できません。

シブを取り除くアク抜きは、オリーブやガーデニングの解説本の説明では
ほとんど全部が苛性ソーダを使ったアク抜きや
食塩(岩塩)を使ってアク抜きが説明されてます。

苛性ソーダは劇毒物に指定されてるため、毒劇物を取り扱う資格がないと購入できません。
また、そもそも苛性ソーダは市販されてません。
一般的に販売されてない苛性ソーダを、なぜアク抜きで紹介するのか疑問です。

苛性ソーダの次に食塩を使ったアク抜きの紹介が多いです。
私も実際食塩を使って何度かオリーブのアク抜きを試してます。
確実にシブが抜けてアク抜きができますが、時間がかかります。

まず食塩を入れ、10日に一回水の入れ替えしながら一か月半
そしてシブみが取れたら、今度は水に入れかえ塩抜きをします。
この間二週間から一か月ぐらいでしょうか。

私の場合、食塩を使ったアク抜きには約2か月かかりました。

もっと早くアクが抜ける方法はないかと、ネットで調べた結果
山菜やワラビなどのアク抜きに使う、身近なものがありました。

 

 

重層で簡単オリーブアク抜き


ネットで調べるとワラビなどのあくの強いものは
重層を使ってアク抜きをしているのが紹介されてました。

スポンサードリンク

これはオリーブの実でも、意外と簡単にアク抜きができるのではないかと思い
挑戦しました。これは私のブログでも紹介しています。
興味のある方はコチラをご覧ください。
↓ ↓ ↓
http://okirakugardening.seesaa.net/article/129404786.html

重層を使ったアク抜きは、食塩を使ったアク抜きの方法と違い
塩抜きの期間がありませんので、時間を短縮してアク抜きができます。

私の場合はインスタントコーヒー150gビンに
重層を大さじ1杯で、ほぼ一か月ぐらいでアク抜きが出来ました。
塩を使ったアク抜きの半分の期間でオリーブのアク抜きができたのです。

重層は一般の家庭でも良く使われる物ですし
薬局やスーパーでもお安く販売されてます。

ブログではオリーブのアク抜きで検索される方が多く
アク抜きの方法で困っている方が多いようなので
当サイトでもご紹介することにしました。

重層でのオリーブアク抜き方法が、広く浸透するよう普及したいと思ってます。

 

 

楽しみ方色々、オリーブでガーデニング


オリーブの木は、ホームセンターや園芸店でも取り扱いの量が増え
ガーデニングを楽しむ方に人気のある観葉植物として親しまれてます。

またマンションや戸建でシンボルツリーとして
オリーブの木を育てる方も増え、種類もここ数年でかなりの量になってます。

1種類では実が付きにくいですが
2種類以上あるとオリーブは実を付けやすくなり、ガーデニングの楽しみも増えます。
花が咲き終わって実の成長を楽しめ、オリーブの実色が刻々と変化していく様子も
ガーデニングの愛好者にはたまりません。

冬でもオリーブの葉はあまり落下しませんので
1年中のあいだ常緑樹としても楽しめます。

083063

まとめ


身近な植物として楽しめるオリーブの木。
実を付けると、なおいっそう楽しめるのがオリーブです。
あなたも重層を使えば、オリーブのアク抜きは簡単に出来ます。

お庭やベランダに置けば、ガーデニングも楽しめますし
オリーブの実を使った料理もレシピも増えて楽しさも増していきます。
ぜひオリーブの楽しさを満喫してください。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 10年程前からオリーブの苗を、数株買い求めましたが、2,3年前から花粉が多くなり始め、ごく僅かですが実がなるようになりました。葉がそよぐ姿に憧れて付き合い始めたとはいえ、寒風と酷暑という都会の厳しさを耐え忍ぶ様は、見上げたものだと思います。潤沢とは言い難い水やりと肥料の与え方も最小限という環境下、300グラム程の実を収穫させてくれました。ところが、収穫の時期を誤り、アク抜きのいい加減さで無に帰してしまいました。早くこのサイトを拝見していたら…来年に向け本気で付き合う覚悟です。(^.^)

    by yy 2016年12月22日 10:29 PM

  • yyさん

    コメントありがとうございます。
    収穫のタイミングが遅かったんですね。アク抜きをして料理にお使いになるなら、9月中旬ぐらいの色づき始めた頃がいいと思いますよ。いわゆる新漬け用に収穫する頃です。

    種類によっても同じオリーブの木になった実でも、色づき具合が違ってきますが、私はあまり気にせずに一緒にしてアク抜きをしています。

    yyさんの来年のオリーブの収穫と、アク抜きがうまくいくこと願っています。
    参考になれば幸いです。頑張ってくださいね!

    by noribou 2016年12月23日 6:41 PM

コメントを残す




Menu

HOME

TOP