アジサイの挿し木の方法と剪定の仕方や育て方!早技のコツはコレ!

DSCN0426

アジサイは季節感が感じられるお花です。

初心者でも挿し木で簡単に増やす事ができますから、
ガーデニングではアジサイ(紫陽花)の人気は高いです。

簡単に増やせると言ってもそれなりにテクニックは必要です。
ここでは簡単にできる挿し木や、剪定の方法を紹介します。

これからアジサイの挿し木に取り組もうという方には必見です。
ぜひご参考して下さい。

スポンサードリンク

 

 

アジサイの挿し木の方法と時期と必要なものは!


アジサイの挿し木が一番しやすい時期は
5月から7月下旬にかけての3ヶ月間になります。

この時期は花が咲き始めてから花の見頃が終わる時期で、
ちょうど梅雨を迎える時期でもあります。

乾燥に弱いアジサイはこの梅雨時が根の活着が一番よいです。

挿し木にする枝を「挿し穂」と呼びます。
アジサイの挿し穂には、アジサイの葉が一対で出ているその上1センチ上でカットし、
次の葉が一対出ている上1センチでカットしたものを使います。

この時に注意するのがアジサイの葉を3分の1ぐらい残してカットして下さい。
アジサイの葉は大きく水分の蒸散が多いのでそれを防ぐためです。

これを「一節挿し」と呼び、この方法が一番多くアジサイの挿し穂を多くとれますので、
初めての方はこの方法での挿し木をおすすめします。

これだと幾つか挿し木がうまくいかなくても、
挿し穂が多くとれますので一番のオススメです。

この挿し木の失敗を防ぐために使うのが活根剤です。
私が常に使用しているのが「ルートン」「メネデール」【です。

DSCN0432

 

根を早く活着する早技にはこの2つの発根促進剤は必需品ですよ。
あらゆる挿し木に使えますから、お持ちになって損はないですね。

普段はルートンであらゆる挿し木は使いますが、
アジサイの場合はさらにメネデールを使うとアジサイの挿し木の成功率は上がります。

やり方としてはメネデールの100倍液にアジサイの挿し穂を1時間ぐらい付けておき、
取り出したアジサイの挿し穂の切り口にルートンの粉を付けて、
挿し床に予め同じくらいの穴を開け、その中にアジサイの挿し穂入れ軽くまわりを固めて終わり。

残った100倍に薄めたメネデール液を挿し床に水撒きします。

上の写真が我が家で使っているルートンとメネデールです。
こんなに容器が小さくてもかなりに使えます。

あらゆる植物の挿し木には利用しています。
挿し木のしにくい植物はメネデールを使っています。

基本はルートン一つあれば間に合いますね。

 

 

アジサイの挿し木のさし床は何が良いか?


アジサイの挿し穂を育てる容器を「さし床」と呼びます。

この挿し床は専用の浅く広い挿し床もありますが、
余っているプラ鉢やイチゴパックの容器やペットボトルなどの器など
水が抜けるようにしてあれば何でも使えます。

挿し床の培養土は、通気性が良くて排水性の良い土を使います。

一般的な培養土だと、鹿沼土、赤玉土、川砂、パーライト
このあたりの培養土が使いやすいです。

よく使われているのが鹿沼土です。
この土は乾燥すると土の表面が白くなるので管理しやすいですね。

挿し床を置く場所は直射日光が当たらない半日陰の場所を選びます。
直射日光に当てないというのは、葉の蒸散を防ぐためです。

竹や支柱を使いビニールで覆って水分の蒸散を抑える方法もありますが、
この方法はならないとムレて挿し穂をダメにする事があります。

置く場所も注意する必要があるし、
細かな穴を開けても、ムレ具合を常に観察する必要がありますから、
私はこの方法はおすすめしません。

前述しましたが、鹿沼土を使用すると管理しやすいです。
土の表面がが乾いてくると白くなりますから、霧吹きや水を上げる目安になりますよ。

スポンサードリンク

 

 

アジサイの育て方と剪定の方法


庭木として育てるアジサイ
つまり地植えのアジサイは基本剪定の必要はないです。
自然に形も丸みを帯びて大きくなりますから。

あまり大きくしたくない場会は花が終わったあとに
花の下の対になった2節目の下あたりでカットします。

また花つきが悪くなったなと感じたら、思い切って下からバッサリとカットして
通気性つまり風通しを良くし、新しく元気な枝に新旧交代させます。

この時注意するのは全部の枝をバッサリとカットするのでは無く
ある程度間に間引いてカットします。

そうすることによって来年の花は確実に見ることができます。

ただ全体にキレイに丸みをおびた紫陽花の株にするには
思い切って地際からカットします。

その時は花がまだキレイな状態の時にカットします。
少しもったいない気がしますが、早くカットして地際から早めに新梢を出させて
花芽がつく秋ぐらいまでに枝を成長させましょう。

早めにカットした紫陽花の花は花瓶に活けて楽しめますし、
それをアジサイの挿し穂として使えますから、
二重に楽しみは増えますよ!

DSCN0412

鉢植えのアジサイは
写真のハサミの位置でカットします。

アジサイの花下の一節、葉が一対になった位置で切ります。
鉢にアジサイの枝が幾つかある時は、同じ高さで合わせてカットします。

来年の花はこのカットした次の下の葉の脇から花芽が付きます。

カットする時期は花が終わったあとすぐにしましょう。
9月過ぎてのカットは来年に花を見られない可能性が高いですよ。

そうする事によって来年に花が揃って見られます。
また株の大きさが一定になりますから、一サイズ大きくせずにすみます。

もちろんアジサイを大きくするには剪定せずに、
一回り大きな鉢に植え替えする必要があります。

 

 

まとめ


アジサイを増やすには挿し木で増やすことが一番です。
このサイトで紹介した方法で挿し木を行えば、挿し木は成功するでしょう。

もともと日本に自生しているアジサイですから本来は日本に馴染んでいます。

季節感が感じられ身近に感じる貴重な植物のアジサイは
うっとうしい梅雨の一時を和ませてくれます。

ガーデニングを始めるならアジサイが一番のおすすめで
育てやすい植物ですよ。

あなたもはじめてみませんか! (´・ω・`)

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

神代植物公園のバラの開花状況と見頃に種類は!三鷹から小田急バスで行く!
神代植物園のバラの開花状況と、バスを使ったアクセスでおすすめは!
ハイビスカスの育て方と花が咲かないのは植え替えと肥料や剪定が原因?
シクラメンの購入時期と失敗しない選び方の7つのポイントとは!
ブルーベリーの育て方 鉢植えの実の付け方と品種と土、4つのポイント
ハイビスカスの花が咲かない以外な理由とは!経験から咲かせる方法
アジサイの植え替え時期と、花色を良くする培養土に大きな秘密が!
ベランダのガーデニングで初心者にも育てやすい夏の花ベスト3は!
ハイビスカスの花の咲かせ方!花が咲かない鉢で実際に検証!
夏野菜をベランダで栽培、初心者でも簡単!時期と種類でおすすめはコレ!
旧古河庭園のバラの見頃と開花状況!春のバラフェスティバルの期間は?
シクラメンの育て方 冬の室内での注意事項!植替えと肥料の時期は?
紫陽花の植え替えで土の作り方や時期はいつが良いか!実践編
ポインセチアの植え替えの時期と剪定はどちらが先!培養土と挿し木は   
ニオイザクラの育て方 花が咲きやすい剪定の方法と植え替えの管理

Menu

HOME

TOP