お中元の時期とマナーで地域によっての贈るのは、いつからいつまで!

お中元の時期も地域によって贈る日が変わってきます。

現在あなたが住んでいる場所に合わせて贈っても、
例えば関東から関西地域に贈る。

また逆の関西地方から関東地方へお中元を贈る場合もありますね。

これらお中元を贈る地域によっていつからいつまでと言う
決まり事というか、マナーがあります。

このことを知っておかないと恥ずかしい結果になります。
個人場合はそれも許されることですが、
会社からお得意先にお中元を贈るとなると、会社全体が常識を疑われます。

知っといて損はないお中元の贈る時期のマナーや
贈るタイミングを逃した時の対応を調べてみました。

是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

 

お中元の時期のマナーとは


お中元の意味は季節の変わり目の7月15に贈り物をするという
中国の道教の行事の一つが日本に伝わったものです。

1月15日が上元で、7月15日が中元になり
10月15日が下元、これらの総称として三元と呼ばれています。

日本では、この内お中元としての7月15日のみが存在しており、
国内でも地域によって、お中元を送る時期が変わります。

日本各地のお中元を送る時期はこの7月15日が起点になって、
その前後のお日にちで贈られています。

4971f30bbe7c356223b54fa2cb8a91ee_s

関東では早い人で6月後半から贈られ、平均でも7月の中旬までに済ませていますね。
これに対して関西地域では7月の中旬から8月の中旬までの間に贈られています。

お中元といえば百貨店などで贈られる方が多いですよね。
その百貨店でも贈る地域によって当然締切日が変わってきます。

例えば高島屋は関東だと7月6日の午前10時で注文が締め切りです。
これが関西地域だと締切日が7月の20日午前10時までになります。

全国に配送網が拡充していますから、
それぞれの地域によってお届け日を合わせているんですね。

ほとんどの関東の百貨店は7月中旬から後半までにお中元の歳事は終わっています。

新宿の伊勢丹はオンラインによるお中元の開始が
5月22日から8月15日までの受付になっています。これは異例ではないかと思いましたが、
オンラインですから店舗内でコーナーを設けての、お中元ギフトではないですからね。

 

 

お中元の時期はいつからいつまで!各地域ごとは


お中元の贈る時期は地域によって異なりますが、
大きく分けて下記のいずれかのパターンになります。

7月1日~7月15日
7月15日~8月15日になります。

地域別に分けると

北海道地区 :7月15日~8月15日ぐらいまで

東北地区  :7月15日 ~8月15日ぐらいまで

関東地区  :7月1日 ~7月15日ぐらいまで(東京などは6月後半ぐらいから始まる)

北陸地方  :7月15日~8月15日ぐらいまで(金沢などの都市部は7月1日~15日ぐらい)

東海地区  :7月15日~8月15日ぐらい

関西地区  :7月15日~8月15日ぐらい

中国地区  :7月15日~8月15日ぐらい

四国地区  :7月15日~8月15日ぐらい

九州沖縄地区:7月15日~8月15日ぐらい

場所によってお中元の贈る時期が違ってきますが、
近年の傾向としては年々早まっています。

東京中心になりがちなご時世は、お中元の時期も東京に合わせてくるのか
どこの地域も少しずつ早まっていく傾向のようです。

関東地区などは6月後半に百貨店に、お中元の催事コーナーができるので
それに合わせて贈られる方が増えています。

東海地方や北海道などはその傾向が増えてきているようです。

迷うならば、7月15日に届くように手配すると良いですね。
これだと心配はいりません。

スポンサードリンク

 

 

お中元の時期を逃した時のマナー


お中元をうっかりして届け忘れた場合や
思ってもいなかった相手からのお中元が8月15日に届いた場合の対処法です。

8月15日過ぎてお世話になった相手などに、お品物を贈る時は、
その時期によって下記のように使い分けます。

【7月後半~立秋の8月8日頃まで】

これに当てはまるのは主に関東地区になります。

暑中御見舞い ⇒ 目下の方に贈る時
暑中御伺い   ⇒ 目上の方に贈る時

【立秋~9月初旬頃まで】

残暑御見舞い ⇒ 目下の方に贈る時
残暑御伺い   ⇒ 目上の方に贈る時

【贈る相手の方が喪中の時】

お中元は基本贈る相手の方が喪中の場合でも、
贈っても問題ないとされています。

ただ亡くなって間もない場合は、相手側に配慮して四十九日後や
忌明けが終わってからお届けするようにしましょう。

のしの表書きは暑中御伺いや、残暑お見舞いにして贈ります。
また贈る自分が喪中の場合も、少し遅らせてから贈るほうが良いですね。

 

 

まとめ


お中元の場合は自分の住んでいるとこの慣習ではなく、
贈る相手側のお住まいの慣習にあわせましょう。

場所によって微妙な時は7月15日に届くように手配すると良いです。

日ごろお世話になっている方に贈るお中元、
いつにするか日にちもそうですが、
相手に感謝の気持ちも忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

クリスマスの花のポインセチアの育て方で意外と知らない注意点が!
赤ちゃんにハチミツは安全か?ボツリヌス菌による妊婦と母乳の影響は!
靴の滑り止め加工の対策と自分で出来る応急処置はどんな方法か!
喪中期間のしめ縄や正月飾りは?初詣は神社とお寺は違う!
お盆の盆棚の飾り方とお供物 お迎えの墓参りの花の種類といつ行くか!
引越しの際に不要品の処分に費用をかけない!5つの方法とは!
配偶者控除~主婦のパート年収が103万円超えると控除はないの!?
熱中症になる高齢者の症状と予防と対策は!意外な危険な場所とは!
カレーパン博覧会 二子玉川の開催日とアクセス、人気の119種類が!
電子レンジの汚れや臭い消しにセスキを試してみた!その効果を公開!
銀座シックスの屋上庭園が凄い!紅葉や桜の季節の新名所とデートスポット
月曜始まりカレンダーは普及するか?使って1年、大学生娘の感想は!
スイカシャーベットのレシピ!シャリシャリ感をだすチョットした工夫は
梅干しの簡単な作り方!減塩して置き場所にも困らない方法とは・・・・
格安スマホが安い理由は!メリット・デメリットで向いてる人とは!

Menu

HOME

TOP