母の日の花でカーネーションの花言葉と「感謝」の意味の花は!?

5b013ca887a568c1baaa81fd68d16e79_s
母の日の定番はカーネーション。

カーネーションの色にはどんな花言葉があるか。また母の日で気になる花言葉が「感謝」ですが、それはどんな花か。

いろいろと母の日にプレゼントする花を、花言葉で選ぶ時があります。それはどんな時か。

気になるあなたに代わって調べてみました。
是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

母の日の花をカーネーションの花言葉で選ぶ!

 

母の日に贈る花はカーネーション。
定番のお花で需要が多く、母の日の花として一番人気ですね。

そんなカーネーションも色によって花言葉がずいぶん違います。この色がこんな花言葉があるのかと驚かれる人も多いと思います。

母の日のプレゼント、花言葉でカーネーションの色を選ぶなら、下記を参考にしてみたらどうでしょう。

6970e971698196286b5f7461fd7a34f9_s

●カーネーションの花言葉

カーネーション全般の花言葉は「無垢で深い愛」「愛情」「名声」などがあります。

   :「母への愛」「母の愛情」「深い愛」「敬愛」

   :「軽蔑」「拒否」「嫉妬」「美」「友情」

   :「誇り」「気品」

   :「私の愛情は生きています」「純潔」「純粋な愛」「亡き母を偲ぶ」

青   :「永遠の幸福」

濃赤  :「私の心に哀しみを」「欲望」「哀しみの心」

複色  :「愛の拒絶」「私はあなたの奴隷になる」

ピンク :「母への愛」「女性の愛」「熱愛」「美しい仕草」

オレンジ「情熱」「清らかな慕情」「熱烈な愛」

花言葉を見る限りカーネーションを花言葉で選ぶなら、「赤」「ピンク「オレンジ」が無難な色ですね。

カーネーションの色はバリエーションが豊富で、とくにピンクやオレンジは薄い色から濃い色合いまで、沢山の種類があります。

赤や濃い色は暑苦しくて嫌な方には、薄めの色で選ばれると良いと思いますよ。


●お亡くなりになったお母さんに母の日のカーネーションの色は

今は亡きお母さんにも、母の日にはお花をあげましょう。

カーネーションの花言葉で選ぶなら、「白」と「濃赤」で選ぶと花言葉的には合います。

白のカーネーションの花言葉は「亡き母を偲ぶ」ですし、濃赤は「哀しみの心」なので意味合いとしてはマッチしています。

他の選び方として花言葉にこだわらなければ、好きだった色やお母さんのイメージに合う色のカーネーションを墓前やお家に飾られるのも良いですね。

スポンサードリンク

 

母の日にカーネーション以外で花言葉で選ぶ

 

母の日にカーネーション以外で花言葉で選ぶならどんな花が良いか。

意味合いとして多いのが「感謝」という花言葉ですかね。まずこの感謝という花言葉の花をピックアップすると、以下のようになります。

●花言葉が「感謝」の意味合いを持つお花

ガーベラ(ピンク):「感謝」「思いやり」

バラ(ピンク):「感謝」「幸福」

ダリア:「感謝」「威厳」

かすみ草:「感謝」「相思相愛」

ホワイトレースフラワー:「感謝」

カンパニュラ:「感謝」

感謝の花言葉をもつ花で、母の日の時期にもある花として選んでみたのが、上の6つのお花です。

個人的にはフリージアの黄色も花言葉は「感謝」なので、イチオシ!したいところですが、時期的にない花ですね。

北海道であれば可能性はあるかもしれませんが、一般的に5月の第二日曜あたりは、フリージアの花はありません。

おすすめとしたらガーベラ(ピンク)、バラ(ピンク)やダリアなどでしょうか。
●母の日の花の組み合わせ、花言葉でおすすめは

お母さんに喜ばれそうな色の組み合わせは

・カーネーション(赤)+バラ(ピンク)+ガーベラ(ピンク)
・カーネーション(ピンク)+バラ(ピンク)+ガーベラ(ピンク)
・カーネーション(ピンク)+バラ(赤)+ガーベラ(ピンク)

こんな組み合わせが花言葉を意識するとオススメです。それぞれのピンクの色は組み合わせる時は、濃淡で選ぶと良いと思います。

例えば少し濃い目のピンクのバラに薄めのカーネーションとかです。ガーベラはお好みで入れたり、入れなかったりしてオーケーです。かすみ草はお母さんのお好みで合わせましょう。

参考としてバブル時代を経験した50代以上のお母さんは、半数以上がかすみ草がお好きな方が多いですね。

40代以下のお母さんには入れないほうが、良いかもしれませんよ。

 

母の日に義母に贈る花で、花言葉で悩んだら

 

実母に花を贈る時はカーネーションにしても、他の花にしても花言葉はあまり気にならないと思います。

この花言葉にこだわった方が良いのは、ご自分の母親でない場合の義母にプレゼントする時で、とくに母の日で花言葉で悩む方が多いと思います。

まだお会いしていない婚約者のお母さんとか、あまり行き来していない相手方のお母さんに花を贈る時、この花を贈って良いのだろうかと悩みますよね。

そういう時には上記を参考にして選んでみてください。無難で世間一般的な常識で選ばれたほうが良いですよ。

お花の色をどういう意味合いでとるか分りませんから、長いお付き合いになるから無難な色で送るのが一番です!

花言葉を気にしそうなお母さんには、カーネーションの色はピンク系や赤の2色の系統で選ぶほうが良いですね。

ちなみに花言葉気にする人は、運勢や姓名判断に方位などが気になる方が多いと思います。

一概にいえませんが、その傾向はあると思いますのでそういう事を聞きつけたならば、なおさら無難な色合いで贈りましょう。

まとめ

 

母の日に贈る花は新鮮できれいな花であれば、何でも良いと思いがちですが、花言葉を気にするお母さんは、いらっしゃいます。

お互いに気持ちよくお花を贈りたいし、受けとってもらいたいですから、母の日に贈る花は世間一般的な、無難な花言葉のお花で贈りましょう。

母の日に義母への贈り物はカーネーションのムーンダストが喜ばれる理由!

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP